トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2011年9月29日
  • 楽天オークション株式会社

ハードオフと楽天オークション
中古品の買い取りサービスを共同で開始

- 楽天スーパーポイントを活用し、資源の有効利用の活性化を目指す -

  株式会社ハードオフコーポレーション(本社:新潟県新発田市、代表取締役会長兼社長 山本 善政、以下 ハードオフ)と楽天オークション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:舟木 徹、以下 楽天オークション)は、10月1日(土)より楽天スーパーポイントを活用したハードオフへの中古品(以下、リユース品)買い取りサービスを共同で開始いたします。

  本企画は、ハードオフと楽天オークションが、押し入れやクローゼットに保管されたままの不用品や引越し・部屋の片付けの際に出てくる物をユーザーが気軽にリユース品として出すことを促し、限りある資源を有効に活用することを目的としています。
  具体的には、ハードオフに不用品(注)を持ち込んだ楽天会員へ、楽天スーパーポイントが100ポイント付与されるというものです。ユーザーは、楽天オークションの本企画でエントリーした後に受付番号を取得し、受付完了画面か受付完了メールを印刷してハードオフの各店舗へ不用品と一緒に持ち込むと、買い取りカウンターにて楽天スーパーポイントを受け取れます。

  リユース品の市場規模は、近年安定的に成長を続けており、小売業(自動車、住宅、骨董品、書籍を除く)においては3,750億円に達しております。※出典:日本リユース業協会推計
  また、小売業以外の流通経路を含めた市場規模は1兆円を超え、その成長要因の一つにインターネットを活用したリユース品売買(自動車、住宅、骨董品を除き、書籍含む)が挙げられます。※出典:環境省調査

  本企画を通じて、ハードオフは、インターネットを活用するユーザーをリアルの店舗へ送客でき、買い取り件数が増加します。一方、楽天オークションは、リアルマーケットへアプローチし認知度を拡大するとともに、インターネットでは出品されにくいリユース品がハードオフに持ち込まれ、資源の再利用に役立てることを期待しています。

  両社は、今後、インターネットを活かした買い取りと販売促進などを検討してまいります。

(注)不用品:衣類、家電製品、オーディオ機器、ホビーなど。買い取り不可の商品は店舗によって
異なります。

ハードオフ・楽天オークション 共同企画の概要

◆開始日: 2011年10月1日(土)

◆URL: http://auction.rakuten.co.jp/event/hardoff/

◆内容: 楽天ユーザーがハードオフに不用品を持ち込むと、楽天スーパーポイントを100ポイント
付与される企画

◆ポイント付与: 本企画にエントリーした楽天ユーザーを対象に、1か月1回の持ち込みにつき
100ポイント付与 (エントリーは1回)

◆キャンペーン期間: 2011年10月1日(土)から2012年3月31日(土)

【ハードオフについて】
◆概要:リユース品の買い取り・販売。ハードオフ、オフハウス、モードオフ、ガレージオフ、
ホビーオフを直営店とFCで展開

◆店舗数: 660店舗(9月末時点)

◆URL: http://www.hardoff.co.jp/

以 上

このページの先頭へ