トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2011年8月30日
  • 楽天リサーチ株式会社
  • 楽天株式会社

楽天リサーチ、『電子書籍に関する調査』

電子書籍、使いたい端末「スマフォ」が33.9%と躍進

  楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)と楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)が運営する電子書籍ストア「Raboo」は、電子書籍に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、8月3日から8月4日にかけて楽天リサーチ登録モニター(約217万人)の中から、全国の20-69歳の男女計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

■電子書籍の認知度は7割超

  電子書籍の認知を聞いたところ、「よく知っている」(20.2%)、「やや知っている」(50.8%)の合計が71.0%となり、大半の人が電子書籍を認知していることが分かった。性別で見ると、「よく知っている」が男性で25.2%と女性に比べて10ポイントも多い結果となった。また、性年代別で見ると、「よく知っている」は男性20代がトップ(30.0%)、続いて男性30代(28.0%)という結果となった。電子書籍への関心は、男性、特に若い層が強いことが読み取れる。

■電子書籍、6割近くが今後「利用したい」

  電子書籍の今後の利用意向を聞いたところ、「利用したこともあるし、今後も利用したい」(13.3%)と「利用したことは無いが、今後利用したい」(44.0%)の「利用したい」の合計が57.3%と半数以上という結果となった。ただ、昨年に比べ利用意向層は7ポイント減少し、勢いは収まりつつあるようだ。

■電子書籍、手軽さは魅力。一方、紙で読みたい思いも強い

  電子書籍の利用意向者に利用したい理由を聞いたところ、「何冊も書籍を持ち運ぶ必要がなく、手軽になるから」が69.1%でトップ。また、反対に電子書籍非利用意向者にその理由を聞いたところ、「紙で読む方が好きだから」が56.9%と断トツトップという結果となった。

■電子書籍を読むのに使いたい端末、「スマフォ」の躍進、専用端末も微増

  電子書籍利用意向者を対象に、どの端末で読みたいか聞いたところ、「パソコン」が45.9%でトップ、続いて「スマートフォン」(33.9%)、「iPadなどのタブレット型多機能携帯端末」(30.0%)という結果となった。昨年の調査に比べ、スマートフォンは 18.7ポイント増と大きく躍進し、タブレット型多機能携帯端末を上回る結果となった。スマートフォン端末が普及し、保有率が増加したこともあり、すでに保有する端末で電子書籍を読みたいという意向が表れているようだ。

■専用端末、ユーザーの価格への評価、厳しさ増す

  電子書籍専用端末がいくらであれば購入するか聞いたところ、「5,000円以下」が45.0%と最も多かった。昨年の調査に比べ、ユーザーの端末価格への評価は厳しさを増している。前問で、スマートフォンやタブレット型多機能携帯端末への利用意向が高いことからも、電子書籍を“読む”だけのツールにとどまらない多機能端末の提供やコンテンツの充実を訴求する必要があるようだ。

調査結果

グラフ付きの調査結果・レポートは以下URLからご覧いただけます。
http://research.rakuten.co.jp/report/20110830

【調査概要】
調査エリア: 全国
調査対象者: 20-69歳男女
回収サンプル数: 1,000サンプル(性別×年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間: 2011年8月3日-8月4日
調査実施機関: 楽天リサーチ株式会社

◆◆◆関連サイト◆◆◆

■楽天の電子書籍ストア「Raboo」
【PC】(http://ebook.rakuten.co.jp/ )
  電子書籍ストア「Raboo」は、小説やビジネス書など約1.5万冊のコンテンツを取り揃えました。楽天会員であれば、登録されたIDですぐに利用することができます。決済には楽天スーパーポイントを利用でき、さらに、コンテンツ価格の1%分のポイントが付与されます。紙の書籍販売を行う楽天ならではの特徴として、「Raboo」で取り扱っていない書籍を「楽天ブックス」で購入できます。

以 上

このページの先頭へ