トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2011年7月28日
  • 楽天株式会社

楽天、独大手EC事業者Tradoria社を買収し、
ドイツ市場に参入

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、ドイツ大手EC事業者Tradoria社(本社:ドイツ バンベルク CEO:Tobias Kobier、以下「Tradoria」 ※読み:トラドリア)の株式80%の取得を完了し、子会社化しましたので(注1)、お知らせいたします。ヨーロッパ地域においては、昨年のフランス市場に続く2例目のEC事業での参入となります。

  Tradoriaは、2007年に設立され、楽天が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」と同様に、主に中小規模の店舗を対象としたマーケットプレイス事業をドイツで展開しています。現在、出店店舗は約4,400店を超え、800万点にのぼる家具、ファッション、アクセサリーをはじめとした幅広い商材を取り揃えています。出店店舗に対しては、月額定額費用と売上に応じた従量課金モデルに基づき、インターネット・ショッピングに必要なウェブ制作、決済サービス、店舗向けのトレーニングセッション、イベント等の専門的なサポートサービスを提供しています。

  ドイツは、ヨーロッパ地域において最大の6,100万人のインターネット利用者を誇り、2010年度の同国EC市場は、同地域で2番目の規模となる200億ユーロ(2兆2,400億円) (注2)にのぼります。2011年度EC市場は、12%の成長率で拡大することが見込まれ、2014年には370億ユーロ(4兆1,440億円) (注2)を超えると予測されています。(出典:Forrester Research 2011/ Euromonitor International 2010)

  楽天とTradoriaは、中小企業や個人事業主をインターネットによってエンパワーメントしていくという共通の企業理念を掲げ、またB2B2C型インターネット・ショピングモールの運営等、様々な点で親和性が高く、楽天が培ってきたEC事業における先進的なサービス機能や経営手法のノウハウをTradoriaに取り入れることで、ドイツの消費者により快適で、楽しいインターネット・ショッピング環境を提供してまいります。また、楽天の子会社でフランスNo.1のECサイトを運営するPriceMinister社との協業を検討していくとともに、将来的には、アジア地域、北米、南米等、楽天がすでに展開している各国・地域におけるECサイトとの連携も予定しております。

注1:本件取得に伴う対価は非公表 / 注2:1ユーロ=112円で換算

以 上

このページの先頭へ