トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2011年7月21日
  • 楽天株式会社

楽天とマイクロソフト、
「Infoseek メール」を「Windows Live (R)」の
プラットフォームで提供することに合意

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)とマイクロソフト コーポレーション(本社:米国ワシントン州レドモンド、以下マイクロソフト)は、楽天の運営するWebメールサービス「Infoseek メール」のプラットフォームに、マイクロソフトの運営するクラウドサービスである「Windows Live(R)」を採用し、共同ブランドでInfoseekメール会員向け専用のWindows Liveサービスを提供することに合意しましたので、お知らせいたします。

  今回の合意に基づきInfoseek メールは、2011年9月よりマイクロソフトの運営する個人向けクラウドサービス「Windows Live (R)」を採用した新しいWebメールサービスに移行する予定です。これにより、Infoseekメールのユーザーは、「@infoseek.jp」のメールアドレスのままで、Windows Liveの提供するWindows Live HotmailやWindows Live Messenger、Windows Live SkyDrive(オンライン ストレージ)といった各種サービスを利用できるようになります。また、楽天会員は、楽天会員IDでログイン後、「@infoseek.jp」のメールアドレスを新規に取得することで同サービスを利用することができるようになります。

  今回のリニューアルにより、強化されるInfoseekメールの機能は以下の通りです。

・メールボックス容量の無制限化
・大量の写真やOffice ドキュメントを1通のメールで共有(最大10GB, SkyDrive連携)
・Microsoft Officeドキュメントのブラウザー上での作成、編集
・Windows Live Messengerによるビデオ通話や音声通話
・Windows Live SkyDriveへの写真やファイルの保存(最大25GB)
・迷惑メール対策などの強化

  楽天では、今回のWeb メール機能の大幅な強化および利便性の向上により、Infoseekメールのユーザー数が拡大するものと期待しています。今後、Infoseekメールと楽天グループサービスとの連携を一層推進し、ユーザーへのメールプロモーションを強化してまいります。

このページの先頭へ