トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2011年4月14日
  • 楽天株式会社

Android(TM)向けアプリケーション
「楽天市場APP for Android」の無料配信を開始

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、運営するインターネットショッピングモール「楽天市場」において、本日4月14日、Android(TM)向けの楽天市場専用アプリケーション「楽天市場APP for Android」の無料配信を開始しましたのでお知らせします。

■「バーコードリーダー機能」の搭載

  ユーザーが手に取った商品をすぐに楽天市場で検索できる、バーコードリーダー機能を搭載しています。具体的には、ユーザーは「楽天市場APP for Android」を起動後、スマートフォンのカメラ機能を用いて商品のバーコードを読み取ることができ、そのコードを元に、楽天市場に登録された同一商品を簡単に検索することができます。これにより、ユーザーは、楽天市場でのその商品の店舗ごとの価格や、購入者からの口コミ情報である「レビュー」などを参考にしながら買い物ができます。
  本機能は、楽天が出店店舗による商品登録時のJANコード登録を積極的に促進し、商品情報をデータベース化したことで実現しています。バーコードが読み込まれると、JANコードをベースとした楽天市場内での商品比較サイト「楽天プロダクト」(http://product.rakuten.co.jp/ )での検索結果が表示される仕組みです。

■ウィジェット機能の提供

  Android(TM)の画面上に楽天市場のウィジェットを常時、設置することが可能です。ユーザーはウィジェットを通して簡単に、「楽天市場APP for Androidの起動」、「商品検索」、「バーコードリーダーの起動」、「買いものかごの閲覧」ができます。

■「PC版と連動した利用情報の表示」

  「お気に入り」、「買いものかご」、「購入履歴」については、各ユーザーのPC版の楽天市場と同じ内容がAndroid(TM)でも表示されます。また、Android(TM)用で閲覧しやすいよう、最適化されたかたちで表示されるようになります。

  今回、楽天グループが提供するAndroid(TM)向けのアプリケーションとしては、電子マネー「Edy(エディ)」とインターネット総合旅行サイト「楽天トラベル」に次いで3番目の配信で、利用者数の増加が著しいAndroid(TM)ユーザーによる、楽天市場の利用機会の増大を図ることが狙いです。

  楽天市場では今後も、スマートフォンユーザーに利用を促進するべく、サービスや機能の拡充に努めてまいります。

以上

このページの先頭へ