トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2011年3月4日
  • ビットワレット株式会社

「シャリーン♪でFC東京を応援プロジェクト」を始動

- FC東京SOCIOカードの電子マネー「Edy」の利用で、
FC東京を毎日応援 -

  電子マネー「Edy(エディ)」を運営する楽天グループのビットワレット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山田 善久、以下 ビットワレット)と東京フットボールクラブ株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:阿久根 謙司、以下FC東京)は、FC東京が2011シーズンより発行するEdy機能付き「FC東京SOCIOカード」(URL: http://www.edy.jp/howto/get/shop_card.html )のEdyでショッピングをすると、FC東京を支援できる「シャリーン♪でFC東京を応援プロジェクト」を2011年3月5日(土)から開始することとなりましたので、お知らせいたします。

  FC東京では、年間チケットを購入したクラブメンバーのみなさま(以下 SOCIO<注>)に2011シーズンよりEdy機能付き「FC東京SOCIOカード」を発行し、現在、約9,000人のSOCIOの方が本カードをご利用いただいています。
「シャリーン♪でFC東京を応援プロジェクト」は、FC東京のホームゲーム時のスタジアム売店をはじめ、コンビニエンスストアやスーパーなど全国25万7,000ヵ所以上のEdy加盟店で、「FC東京SOCIOカード」のEdyを利用すると、購入金額200円につき1円分がFC東京の応援金になる仕組みです。応援金は、ビットワレットの収益の一部からFC東京へ還元されるため、EdyでショッピングをするだけでFC東京を支援していただくことになります。なお、この応援金はFC東京の強化支援金となり、FC東京を強くするための様々な活動に充てられます。

  両社は、本プロジェクトを通じて、SOCIOの方が試合中の応援だけでなく、ショッピングでもチームを支援できるため、SOCIOの方とチームの一体感をさらに創出でき、新たな価値を提供します。今後も、FC東京のファン・サポーターおよびEdyユーザーの満足度向上を目指すサービスの提供に努めてまいります。

 

「シャリーン♪でFC東京を応援プロジェクト」概要

◆名称:「シャリーン♪でFC東京を応援プロジェクト」

◆開始日:2011年3月5日(土)

◆内容: 2011シーズンよりFC東京の年間チケットを購入したSOCIOの方に発行される
   「FC東京SOCIOカード」のEdyでショッピングをすると、購入金額200円ごとに1円分がFC東京の
   応援金となる取り組みです。ビットワレットの収益の一部が応援金となるため、SOCIOの方は
   日々のショッピングでもFC東京を支援できます。

◆FC東京SOCIOカード:  http://www.edy.jp/howto/get/shop_card.html

<注>SOCIO:FC東京の年間チケットを購入したクラブメンバー。スペイン語で仲間という意味。

※「Edy(エディ)」は、ビットワレット株式会社が管理するプリペイド型
    電子マネーサービスのブランドです。

以上

このページの先頭へ