トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2011年2月22日
  • 楽天株式会社

楽天グループの米国Buy.com社、
海外向けの販売サイトを開設

  楽天グループの米国Buy.com, Inc(本社:カリフォルニア州、以下「Buy.com社」)は、本日、同社が運営するECサイトBuy.comにおいて、米国以外からもお買い物ができる海外販売サイトを開設しましたのでお知らせします。まずは日本向けに海外販売サービスを開始し、今後そのほかの国にも順次拡大する予定です。これにより、日本国内の楽天会員は、楽天会員IDを利用し、Buy.comを通じて米国から商品を購入することができるようになります。

 

  Buy.com社は、米国内最大級のBtoC向けのインターネット通販サービスを提供しており、Buy.comには現在約2,500店舗が出店しております。開始時は、Buy.comが販売する家電やPC関連商品といった電化製品や、Buy.comの出店店舗「Wine.com」が取り扱うワインなど、商品数約2万点が購入できます。海外販売に対応する店舗や商品は、順次、拡大される予定となっております。

 

  決済面においては、今回の海外販売の開始にあわせ、Buy.comが、楽天が提供する決済サービス「楽天あんしん支払いサービス」を導入することで、日本の楽天会員が、Buy.comの海外販売サイトを利用する際に、日本国内のサービスと同様に、購入額に応じた楽天スーパーポイントが付与され、ポイントの利用もできるようになります。また、日本の楽天会員は、米国先行発売や日本未発売の商品、日本で購入するよりもお得な価格で販売されている商品などを検索し、購入することができるようになります。

 

  なお、Buy.comでは、今回の海外販売サイトの開設を記念し、同サイトから5,000円以上のお買い物をした日本の楽天会員に対して1,000円相当の楽天スーパーポイントを付与するキャンペーンを本日より3月8日午前9時59分(日本標準時)まで開催します。

 

  Buy.com社では、日本における楽天グループのノウハウや成功事例をもとに、2010年11月に「楽天スーパーポイント」プログラムを導入するなど、米国のBuy.comユーザーに対するサービスを強化してきました。今後も楽天グループは、楽天グループが展開する各国間でのノウハウの共有や各国のサービスとの相互連携、ユーザーの相互送客などを実現することで、世界ナンバーワンのインターネットサービス企業を目指します。

 

以上

このページの先頭へ