トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2011年2月10日
  • 楽天株式会社

沖縄県と楽天が連携協定を締結

-インターネットを活用した、県産品の販路拡大や
伝統文化振興の支援を強化-

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)と沖縄県は、インターネット・サービスを通じた地域振興に協力して取り組むことを定めた協定を、本日2月10日に締結しましたのでお知らせします。

  楽天は2009年5月、全国各地の特産品を紹介する常設コンテンツ「まち楽」内に沖縄県との共同企画ページを開設し、沖縄県の名産品や旬なイベント情報などを全国のユーザーに向けて発信してまいりましたが、今回の連携協定締結を機に、この協力関係を一層深めてまいります。

  2月21日には、協定締結に基づく第一弾の取り組みとして、楽天グループであるビットワレット株式会社や東北楽天ゴールデンイーグルスと沖縄県が共同でチャリティーイベントを開催します。

  楽天市場では、2008年9月から沖縄支社にECコンサルタントを常駐させ、沖縄県内でネット通販事業を手がける出店店舗をサポートしてまいりました。今回の連携協定に基づく取り組みを通して、沖縄県と楽天は、これまで以上に県内のネット通販事業者の発展に寄与すると同時に、ネットを通じて教育や文化など多方面における地域活性化に協力して取り組んでまいります。

「楽天 - 沖縄県 包括連携協定」について

◆包括連携協定の内容

(1) 沖縄伝統芸能・文化の振興に関すること
(2) 沖縄の観光やブランドの振興に関すること
(3) 沖縄県産品・農林水産物の販路拡大等に関すること
(4) 環境保全・平和・福祉活動に関すること
(5) 沖縄県内企業のIT活用促進に関すること
(6) その他、IT活用による沖縄県の情報発信や施策の推進に関すること


◆具体的な施策

第一弾の取り組みとして、楽天グループの電子マネー「Edy」と東北楽天ゴールデンイーグルスが主体となり、沖縄県と共同でチャリティー活動を目的としたイベントを開催


<チャリティーイベント概要>

日 時(予定):2011年2月21日(月) 11時00分 - 12時00分

場  所:デパートリウボウ(パレットくもじ1階)

内  容:Edy・東北楽天ゴールデンイーグルス・沖縄県
              共同のチャリティーイベントを実施

主  催:ビットワレット株式会社

特別協力:東北楽天ゴールデンイーグルス

県担当課:沖縄県みんなでグッジョブ運動事務局


◆参考

「まち楽 × 沖縄県」
URL: http://event.rakuten.co.jp/area/okinawa/tieup/

このページの先頭へ