トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2011年2月2日
  • 独立行政法人情報処理推進機構
  • 楽天株式会社

楽天の情報セキュリティ専門サイトに
「IPA情報セキュリティブログ」を開設

- 情報セキュリティに関するトピックスをわかりやすい解説記事で発信 -

  独立行政法人情報処理推進機構(本部:東京都文京区、理事長:藤江 一正、以下 IPA)は、楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)が本日2011年2月2日(水)に開設した「情報セキュリティの取り組み」内に、「IPA情報セキュリティブログ」を新設しましたので、お知らせいたします。

  IPA執筆による本ブログには、情報セキュリティに対する利用者の意識向上に役立つよう、情報セキュリティ対策に関する最新トピックスおよび解説記事などが随時盛り込まれる予定です。

  わが国におけるインターネットの人口普及率は78%(注1) に達し、インターネット利用者の約4割は自宅で無線LANを使用(注2) しています。また、スマートフォンの出荷台数が、近い将来携帯電話の過半数に達するとの予想が示されるなど、ITの利用機会がますます拡大しています。その一方で、一般IT利用者の情報セキュリティに対する不安感やその対策の不備の解消はなかなか進んでいないのが現状です。IPAが昨年11月に行った「情報セキュリティに対する意識調査2」によると、パソコンのウイルス感染による個人情報流出や、インターネットでのショッピングやオークションサービス利用時において商品の不着やクレジットカード情報の不正利用などに不安を覚える割合は、ともに8割を超えています。また、通信の暗号化実施率は6割程度であり、スマートフォン利用者も8割以上が何らかのセキュリティ対策の必要性を感じています。

  このような実態を受け、インターネット・ショッピングモールやネットオークション等のサービスを提供する楽天は2月2日、一般ユーザーの情報セキュリティに関する意識向上を目的としたサイト「情報セキュリティの取り組み」を開設しました。また、このたびわが国における情報セキュリティ対策の推進を担うIPAは、同社の協力により当該サイト内に「楽天ブログ」を利用したコラム掲載スペースの提供を受け、情報セキュリティ対策の情報提供をおこなう「IPA情報セキュリティブログ」を新設しました。

  楽天が運営する特設サイト「情報セキュリティの取り組み」では、「IPA情報セキュリティブログ」をはじめ、情報セキュリティに関する一般知識や不正対策、開発プロセス、楽天が提供する各サービスにおける取り組みについて紹介してまいります。「IPA情報セキュリティブログ」では、日々の情報管理やウイルス・不正アクセス・システムの脆弱性といった情報セキュリティに関するトピックスについて、IPA執筆によるわかりやすい解説記事を随時掲載し、安心してインターネットを利用するために有益な情報を発信していく予定です。

  IPAおよび楽天は、「情報セキュリティの取り組み」サイトおよび「IPA情報セキュリティブログ」を通して、国民の安全・安心なインターネットの利用環境の構築に向けて、協力して情報セキュリティ対策の普及・啓発を行っていきます。

■「IPA情報セキュリティブログ」概要

掲載開始日: 2011年2月2日(水)
解説者:    IPAセキュリティセンター担当者
解説内容:  情報セキュリティに関するトピックスについてわかりやすく解説します。

<主なトピックス例>
●ウイルスや不正アクセス、システムの脆弱性の説明
●情報セキュリティに関する調査結果の解説
●情報セキュリティ対策に役立つツールの紹介
●セミナー・イベント開催のお知らせ        など

◆楽天「情報セキュリティの取り組み」サイトのURLは下記のとおりです。
 http://corp.rakuten.co.jp/security/

◆「IPA情報セキュリティブログ」のURLは下記のとおりです。
 http://plaza.rakuten.co.jp/ipablog/

注1:「2009年通信利用動向調査」(総務省、2010年4月27日)

注2:「2010年度情報セキュリティの脅威に対する意識調査報告書」
   (IPA、2010年12月20日公開):全国の15歳以上のPCインターネット利用者
   5,019名を対象にWebアンケートにより調査を実施した。
   http://www.ipa.go.jp/about/press/20101220_3.html

以上

このページの先頭へ