トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2011年1月12日
  • 楽天トラベル株式会社
  • フュージョン・コミュニケーションズ株式会社
  • TIS株式会社

楽天トラベル、WEBシステム連動型の電話サービスの提供開始

- フュージョンとTISから、楽天トラベルのコールセンターに導入 -

 楽天トラベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡武 公士、以下 楽天トラベル)は、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相木 孝仁、以下 フュージョン)、TIS株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤宮 宏章、以下TIS)の両社から、楽天トラベルのコールセンターに、フュージョンのIP電話番号にWebアクセスの情報を紐付けコールセンターに伝送できる技術を導入しましたので、お知らせいたします。

 この技術は、TISのSaaSシステム「Callクレヨン※」を採用し、TIS独自の“PhoneCookie”技術とフュージョンの持つ電話網を組み合わせ、ユーザーが閲覧しているモバイルページ情報をフュージョンのIP電話(FUSION IP-Phone)番号に紐付けコールセンターに伝送することを実現します。本技術を活用し、サービスを導入するのは、楽天トラベルが初めてです。

 楽天トラベルでは、ユーザーの利便性向上を目的として国内宿泊予約センター(電話での予約受付)を運営してまいりました。本技術の導入により、ユーザーはモバイルサイトから電話で宿泊予約をする際、閲覧しているページの情報を自動的にオペレーターに伝送できるため、改めて閲覧しているページの情報を伝えることなく、スムーズな予約が可能になり、ユーザビリティの高いサービス提供を実現いたしました。

 今後も、Webシステムを活用し、電話とインターネットの融合による様々なサービスを実現することで、よりユーザーにとって付加価値の高いサービスを提供してまいります。

※Callクレヨンは、ITホールディングスグループのTISとインテックが共同で提供しているサービスです。

以上

このページの先頭へ