トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年12月16日
  • ビットワレット株式会社

ビットワレットとJCBがポイント連携

- JCBの「Oki Dokiポイント」を電子マネー「Edy」に交換可能、
ユーザーの選択肢を拡大 -

 プリペイド型の電子マネー「Edy(エディ)」を運営する、楽天グループのビットワレット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山田善久、以下 ビットワレット)と株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:川西孝雄、以下 JCB)は、JCBが提供する会員向けサービス「Oki Dokiポイントプログラム(注1)」からEdyへのポイント交換で連携し、本日12月16日(木)からサービスを開始しますので、お知らせいたします。

 「Oki Dokiポイントプログラム」は、毎月の利用合計金額1,000円ごとに1ポイントたまり、200ポイントから各種商品に交換できるポイントプログラムです。今回、「Oki Dokiポイントプログラム」の交換商品ラインナップにEdyを追加します。具体的には、「Oki Dokiポイント」1ポイントをEdy3円分として、500ポイントから交換可能となります。受け取りは、おサイフケータイ(R)のEdyアプリやFeliCaポートおよびパソリのリーダーライターを利用したPCサイト、店頭での受け取り、FeliCaポート対応デジタルテレビ上など、複数の方法からお選びいただけます(注2)。
 Edyは、利用可能箇所が約241,000ヶ所(2010年10月末現在)となり、全国のスーパーやコンビ二、ドラッグストアなど多くの店舗でサービスが利用できるため、お客様は様々なシーンで24時間いつでも気軽にEdyでのショッピングを楽しむことができます。

 本サービスの提供を通じて、ビットワレットは、JCBカード会員へEdyの利用機会を提供できることから、新規ユーザーの獲得を期待しています。一方、JCBは、お客様のニーズに応じたポイント交換商品のラインナップを拡充することで、より満足度の高いサービスの提供を目指します。

 両社は、今後も付加価値の高いサービスを提供し、お客様の満足度の向上を目指してまいります。

(注1)「Oki Dokiポイントプログラム」について:
JCBカードの毎月のご利用合計金額1,000円ごとに1ポイントたまり、200ポイントから商品などに交換できる特典です。他のポイントサービスをお付けしているグループ各社発行のカードや提携カードなど、一部「Oki Dokiポイントプログラム」の対象とならないカードおよびプログラム内容が異なるカードがあります。
(注2)Edyの受け取り方法: http://www.edy.jp/howto/gift/index.html

※「Edy(エディ)」は、ビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。
※「おサイフケータイ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

新サービスの概要

・ サービス概要:JCBが提供する「Oki Dokiポイント」が電子マネー「Edy」と交換できるサービス。「Oki Dokiポイント」1ポイントはEdy3円分となり、500ポイント以上1ポイント単位で交換が可能。
※一度に申し込みできるポイントの上限は、「Oki Dokiポイント」8,333ポイント(Edy24,999円分)まで
※Edyから「Oki Dokiポイント」への交換は不可

・ URL: http://www.edy.jp/profit/exchange/index.html#credit_card

・ サービス開始日:2010年12月16日(木)

以上

このページの先頭へ