トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年11月24日
  • 楽天株式会社
  • ビットワレット株式会社

「楽天市場」において
電子マネー「Edy」での支払いが可能に

- ユーザーの決済方法の選択肢が広がり、
低価格帯商材の支払いがますます便利に -

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、以下:楽天)と楽天グループのビットワレット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山田善久、以下:ビットワレット)は、本日11月24日から楽天が運営するインターネットショッピングモール「楽天市場」のインターネット決済方法に電子マネー「Edy」を新たに導入し、支払いサービスを開始しましたので、お知らせいたします。

  ユーザーは、「楽天市場」の出店店舗のうち、本決済システムを導入した店舗において「Edy」での支払いが可能となります。具体的には、FeliCaポートおよびパソリのリーダーライターを利用してパソコンサイトで支払う方法と、「おサイフケータイ(R)」(注1)の「Edyアプリ」を利用して支払う「Mobile Edy(モバイルエディ)」の2種類から選択することができます。

  楽天スーパーポイントについては、通常の付与(100円購入で1ポイント)に加え、楽天スーパーポイントの貯まる「Edy」機能付カード(注2)もしくは、「おサイフータイ(R)」(注3)で支払った場合は、さらに200円の購入ごとに1ポイントが貯まります。

  今回、両社は「楽天市場」において「Edy」の利用が可能になったことにより、食品やファッション、日用品などの低価格帯商材の購入回数がさらに増加することに加え、クレジットカードを保有していない未成年者など若年層の利用機会が拡大することを期待しています。また、「Edy」はすでに約6,050万枚(うち「おサイフケータイ(R)」約1,200万台・10月末時点)発行されていることから、今後はリアル店舗のみならず、「楽天市場」をはじめとするインターネットでのユーザーの利用機会の増加も目指します。

  今後も楽天グループ内での決済機能の連携を強化し、基本戦略である「楽天経済圏」の拡大を推進してまいります。

注1:「Edyアプリ」がダウンロード・初期設定された「おサイフケータイ(R)」
注2:「Edy」機能が搭載された楽天カード、「楽天ポイントクラブEdyカード」
注3:「Edy」を利用すると各種ポイントやマイルが貯まる「Edyでポイント」で楽天スーパー
         ポイントを設定した「おサイフケータイ(R)」
         ※「Edyでポイント」URL:http://www.edy.jp/profit/edypoint/index.html

提供サービス概要

■開始日:2010年11月24日(水)13:00

■決済方法:
<パソコンサイトでの支払方法>
https://payment.rakuten-kc.co.jp/em_help/index_edy_cyber.html
FeliCaポートおよびパソリのリーダーライターを利用してパソコンサイトから支払う方法。商品を選択後、「Edy」決済方法選択画面にて「Edy(FeliCaポート/パソリなど利用)」を選択し、起動した「Edy Viewer」を使って「Edy機能付カード」、または「おサイフケータイ(R)」で支払います。

<Mobile Edyでの支払方法>
https://payment.rakuten-kc.co.jp/em_help/index_edy_mobile.html
「Edyアプリ」がダウンロード・初期設定された「おサイフケータイ(R)」を利用して支払う方法。商品を選択後、「Edy」決済方法選択画面で「Mobile Edy」を選択し、「おサイフケータイ(R)」のメールアドレスを入力します。ビットワレットから送信される「Edy決済開始メール」から「Edyアプリ」上で支払います。

【参考】
「Edy」は、2001年11月のサービス開始以来、コンビニやスーパー、ドラッグストアなど全国24万ヵ所以上で利用できるプリペイド型の電子マネーです。発行枚数は約6,050万枚(2010年10月時点累計)。また「おサイフケータイ(R)」には2004年7月のサービス開始当初から対応しており、Edy機能が搭載された携帯電話は約1,200万台(同)を超えています。

※「Edy(エディ)」は、ビットワレット株式会社が管理するプリペイド型
      電子マネーサービスのブランドです。
※「おサイフケータイ(R)」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

 

以上


このページの先頭へ