トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年10月19日
  • 楽天株式会社

中国でインターネット・ショッピングモール
「楽酷天」がスタート

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、Baidu, Inc.(本社:中華人民共和国北京市、代表:李 彦宏(Robin Yanhong Li)、以下 百度)との合弁による中国のインターネット・ショッピングモール「楽酷天(読み:らくてん)」を本日開業いたしましたのでお知らせします。

  「楽酷天」は、「楽天市場」同様、B2B2C型のインターネット・ショッピングモールであり、出店店舗から消費者への商品の直接販売を可能にするプラットフォームです。服飾やアクセサリー、家具、家電、デジタル機器、ベビー用品、化粧品にいたるまで幅広い商材を取り揃えています。

  「Shopping is entertainment !」のコンセプトを中国でも浸透させるべく、日本の楽天市場で好評を博しているセールイベント「お買い物マラソン」やポイントプログラム、送料無料キャンペーン、ラッキーくじなどの各種マーケティング施策も積極的に展開する予定です。

  また「楽酷天」は、日本の「楽天市場」や楽天グループの仏PriceMinister社等が蓄積してきた模倣品対策のノウハウを生かして厳格な出店審査とパトロールを展開することで、模倣品の発見と排除を徹底し、消費者が安心して安全にインターネットショピングを楽しめる環境を提供してまいります。

  「楽酷天」は、百度の中国国内における高い集客力及びマーケティング力と、楽天のECプラットフォーム技術およびショッピングモール運営ノウハウを結集させ、高品質な正規品と良質なサービスを消費者に提供し、出店店舗をエンパワーメントするとともに、中国国内において最大規模のインターネット・ショッピングモールを目指してまいります。

<合弁事業の概要>
(1)サービス名称: 楽酷天 (読み:らくてん)
(2)事業内容: 中国におけるインターネット・ショッピングモールの運営
(3)出資予定額: 3年間の総額約50百万米ドル(約40億円、1米ドル=80円で換算)
(4)出資比率: 楽天 51%、百度 49%
(5)代表者: 董事長 兼 首席執行官 中村 晃一 (楽天から出向)

<参考:「楽酷天」の由来>
「楽酷天」は、中国語で「楽天」を意味する「楽天」と、英語のCoolに由来し、「格好いい」という意味合いを含み、若者からも支持を集める言葉である「酷」とを合わせた名称です。

以上

このページの先頭へ