トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年10月1日
  • 楽天トラベル株式会社

東京‐仙台・山形線、
初の「高速路線バス」取り扱いを開始

  国内最大級のインターネット総合旅行サイト「楽天トラベル」を運営する、楽天トラベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡武 公士、以下 楽天トラベル)は「高速バス予約」サービスにおいて、東北急行バス株式会社(本社:東京都墨田区、以下 東北急行バス)の高速路線バス3商品の取り扱いを本日10月1日より開始しましたので、お知らせいたします。

  今回新たに取り扱いを開始するのは、東北急行バスの東京‐仙台線、東京‐山形線、東京‐京都・大阪(茨木)線の3商品です。これまで楽天トラベルでは、上記3路線では「高速ツアーバス」のみ取り扱っていましたが、新たに「高速路線バス」の取り扱いが加わるものです。
  特に東京‐仙台線は、楽天トラベルにおける取扱高が全体の10%を超える人気の路線で、今回新たに「高速路線バス」が加わることにより利用者の選択肢がさらに広がります。

  楽天トラベルの「高速バス予約」では、これまで主に「高速ツアーバス」業態のみ取り扱ってまいりましたが、2009年11月より「高速路線バス」「空港連絡バス」「定期観光バス」の取り扱いも開始いたしました。東北急行バスの取り扱い開始で、「高速路線バス」「空港連絡バス」「定期観光バス」の取り扱いは全国で8社目となります。

  今後も「高速ツアーバス」「高速路線バス」双方の地方路線の取り扱い数の拡大を図り、利用者にとって利便性の高いサービスを提供してまいります。

東北急行バス 商品概要

◆予約・販売開始日:2010年10月1日(10月12日乗車分より取り扱い)

◆運行区間・時刻:
  ①東京‐仙台線
     便数:2‐5往復/日(曜日により変動)
     運賃:3,000円(「ニュースター号」昼行便、4列シート・トイレ付き)
              ‐5,600円(「スイート号」夜行便、3列独立シート・トイレ付き)
     停留所:東京駅(八重洲通り)、仙台駅前、仙台営業所
              (一部の便は、福島駅、東京テレポート駅などにも停車)

  ②東京‐山形線「レインボー号」(3列独立シート・トイレ付き)
     便数:1‐2往復/日(曜日により変動)
     運賃:6,420円(東京‐山形間)
     停留所:東京駅(八重洲通り)、上野駅、浅草駅、北千住駅
                  米沢駅、米沢市役所、山形

③東京‐京都・大阪(茨木)線「フライングスニーカー京都・茨木号」
(4列シート・トイレ付き)
   便数:1往復/日
   運賃:4,800円
   停留所:東京駅(八重洲通り)
             京都駅、JR茨木駅、阪急茨木市駅、大日駅(守口市) 

◆運行会社:東北急行バス株式会社

 

※ご参考※

「高速路線バス」とは:
「高速バス」のうち、国土交通省から運賃や運行ダイヤなどについて許可を得て、主に既存の路線バス会社が営業・運行するもの。法的には「一般乗合旅客自動車運送事業(路線バス)」。

「高速ツアーバス」とは:
高速道路を経由して都市間輸送を行なう「高速バス」のうち、旅行会社が企画・募集(販売)し、貸切バス会社に運行を委託する形を取るもの。法的には「募集型企画旅行」形式。

【「高速路線バス」「空港連絡バス」「定期観光バス」取扱会社】
      ・弘南バス(青森県)
      ・東京空港交通(東京都)
      ・東北急行バス(東京都)
      ・西東京バス(東京都)
      ・南海バス(大阪府)
      ・四国高速バス(香川県)
      ・九州産交バス(熊本県)
      ・宮崎交通(宮崎県)

※楽天トラベルURL
◆楽天トラベル: http://travel.rakuten.co.jp
◆ケータイ版楽天トラベル: http://m.travel.rakuten.co.jp

 

以 上

このページの先頭へ