トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年9月21日
  • 楽天株式会社

楽天ネットスーパー、パソコン向けサイトを大幅リニューアル

- 登録商品の一覧性を高め、「ついで買い」しやすい環境を提供 -

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)の100%子会社である株式会社ネッツ・パートナーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:橘田 尚彦、以下 ネッツ・パートナーズ)は、運営するネットスーパーモール「楽天ネットスーパー」のパソコン向けサイトを、本日9月21日に大幅にリニューアルしましたのでお知らせします。

  今回のリニューアルは、店内を散策しながら買い物をするという実際のスーパーマーケットでの行動に近い感覚で、ユーザーにネット上でも買い物をしていただくことをコンセプトとしています。
  これまで、楽天ネットスーパーでは、商品を肉・野菜・魚といったカテゴリーごとに表示しており、ユーザーは特定のカテゴリーを選択して商品を閲覧するか、商品名やメーカー名などで検索して商品を探す必要がありました。

  今回、Flashを活用した操作性の高いページデザインにリニューアルしたことにより、ユーザーはカテゴリーを移動する際その都度クリックする必要がなく、画面を上下にスクロールすることでショップに登録されたすべての商品を閲覧することができるようになりました。さらに商品を選択して「買い物かご」に入れる動作や、「買い物かご」に入れた商品を常に画面上に表示し確認ができるデザインにしたことで、利便性が向上しています。

  これにより、ユーザーは実際のスーパーマーケットと同じように、店内を散策するようにして商品を選ぶことができるため、目的以外の商品を購入する「ついで買い」が促され購入金額の増加も見込めます。

  楽天ネットスーパーは、本年3月の楽天による100%子会社化を機に、これまで事業強化策として、6月にモバイル版のサイトを開設し、8月にはクーポン機能を導入したりするなど、積極的にユーザーの利便性の向上やサービスの利用促進に取り組んでまいりました。今回のサイトデザインのリニューアルによって、より一層のネットスーパーモールの活性化を図ります。

  楽天ネットスーパーは、今後もユーザーおよび出店店舗にとってより魅力的なマーケットプレイスの構築に取り組んでまいります。

「楽天ネットスーパー」リニューアルサイトの特徴

【リニューアル日】
2010年9月21日

【リニューアルの内容】
1.商品閲覧時の利便性向上
・カテゴリーをまたいだ全ての商品の閲覧が可能に
・商品表示数の増やし、1行当たり4商品から5商品に

2.「買い物かご」表示方法の変更
・「買い物かご」内の商品を画面右側に常時表示
・購入商品の画像の表示
・送料をあわせた金額の表示

3.買い物リスト機能の強化
・ユーザーが実際に購入した「購入履歴」と、登録した「お気に入り」の商品を
まとめて閲覧することが可能に

【参照】
・東急ストアネットスーパー
http://netsuper.rakuten.co.jp/tokyu-store/mall_top_flash.php
・シミズヤネットスーパー
http://netsuper.rakuten.co.jp/shimizuya/mall_top_flash.php
・ネットスーパー紀ノ国屋
http://netsuper.rakuten.co.jp/kinokuniya/mall_top_flash.php

 

 

以上

このページの先頭へ