トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年9月13日
  • 楽天トラベル株式会社
  • 株式会社i.JTB
  • 株式会社リクルート

宿泊予約3サイトが、エコ宿泊の共同キャンペーンを
初めて実施

「私はエコ宿泊宣言」キャンペーン

  株式会社i.JTB(本社:東京都品川区、代表取締役社長:今井敏行)、楽天トラベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡武公士)、株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:柏木斉)は、各社が運営する宿泊予約サイト「るるぶトラベル」、「楽天トラベル」、「じゃらんnet」において、エコ宿泊の共同キャンペーンを行います。

  9月中旬より、九都県市首脳会議・廃棄物問題検討委員会が「私はエコ宿泊宣言」キャンペーンを実施します。これに連動し3社がそれぞれの宿泊予約サイトでエコ宿泊に対応したプランを販売します。
各宿泊予約サイトでは、廃棄物削減を目的として、宿泊先でアメニティグッズ(歯ブラシや髭剃りなど)が用意されない代わりに、宿泊料金が割安になったり、割引券がもらえるなどの特典が用意される「エコ宿泊プラン」を販売します。

  マーケティングリサーチ会社の株式会社メディアインタラクティブが実施した「アメニティグッズとエコに関する調査」によると、ホテル・旅館のアメニティグッズについて「エコにつながるなら自分で持参してもよい」との回答は83%ありました。宿泊施設のなかには、利用者が希望した時のみアメニティグッズを用意するなどの独自の取り組みを行っている施設もありますが、宿泊予約サイト3社が共同でキャンペーンを行い、認知度を上げる事で、宿泊者のエコ意識を高め、環境保護に貢献します。

  キャンペーン宿泊対象期間は、10月1日(金)‐10月31日(日)です。予約開始は、「るるぶトラベル」が9月14日(火)、「楽天トラベル」と「じゃらんnet」が9月15日(水)からとなります。

■るるぶトラベル
対象:54施設169プラン
URL: http://info.rurubu.travel/R/ecostay/

■楽天トラベル
対象:42施設43プラン
URL: http://travel.rakuten.co.jp/event/ad/eco-haku/

■じゃらんnet
対象:66施設104プラン
URL: http://www.jalan.net/jalan/doc/news/button/100915kyutokenshi/
(対象施設数・プラン数は、9月9日時点)


■九都県市首脳会議・廃棄物問題検討委員会「私はエコ宿泊宣言」キャンペーン

  首都圏の自治体が連携する「九都県市首脳会議」は、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市の首長が参加する組織。九都県市首脳会議に廃棄物問題検討委員会があり、3R(リデュース・リユース・リサイクル)を推進し、循環型社会を構築するために、多彩な提言や取り組みを行っています。

【キャンペーンページURL】www.re-square.jp/3r/ecostay/

■「アメニティグッズとエコに関する調査」

  誰もがあたりまえのように利用しているホテル・旅館のアメニティグッズについて83%が「エコにつながるなら自分で持参してもよい」と回答
アンケートでは、まずホテルや旅館に備え付けてある使い捨のアメニティグッズ(石けん、シャンプー、スキンケア、歯ブラシ、ひげそりなど)を利用しているかどうかの質問に対し、「いつも利用している」(68%)、「時々利用している」(30%)と、合わせて98%が使っていると回答(単一回答)した。
  また、自分で持参せずに備え付けのアメニティグッズを使う理由は、「持って行くのが面倒くさい」(58%)、「宿泊代にアメニティグッズの代金も含まれていて使わなければ損だから」(43%)、「ホテルのアメニティグッズを楽しみにしている」(35%)という回答が上位を占めている(複数回答)。
  一方で「エコにつながるなら自分で持参してもよいと思うか」という問いに対し、「非常にそう思う」(22%)、「まあそう思う」(61%)との回答が合わせて83%にのぼる点を考えると、宿泊施設のアメニティグッズは、今後の取り組み次第でかなり廃棄を削減できるのではないかと推察される。

  アンケート調査は、マーケティングリサーチ会社の株式会社メディアインタラクティブが、平成22年8月23日・24日にインターネットで実施し、国内旅行をしたことがある20歳‐59歳の男女400人から回答を得た。
*その他のアンケートデータは、右記URLに詳細を掲示www.re-square.jp/3r/ecostay/

このページの先頭へ