トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年8月26日
  • 楽天リサーチ株式会社

海外ネット通販、1回あたりの
購入金額は10,574円

‐ 海外のネット通販サイト利用に関する調査 ‐

  楽天リサーチ株式会社(代表取締役社長:森 学、本社:東京都品川区、以下 楽天リサーチ)は、海外のインターネット通販サイト利用に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、8月6日から8月7日にかけて楽天リサーチ登録モニター(約193万人)の中から、全国の
20‐69歳の男女のうち、国内のインターネット通販サイト利用者計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

【総評】
  インターネットの普及により、“情報”の国境は簡単に越えられるようになったが、海外インターネット通販サイトの利用経験者は2割弱と、物販を伴う国境はなかなか越えられずにいることがわかるが、今後利便性や安全性の確保により飛躍的に拡大する余地も見える。海外のインターネット通販の拡大により、為替変動に伴う円高特需や、国内で入手できないレア商品の購入など、さらに消費者の選択肢が広がり、ネットを通じた消費の拡大が期待される。

■国内インターネット通販では「食品・飲料」がトップ、1回あたりの購入金額は6,433円

  国内のインターネット通販サイトでの購入内容は「食品・飲料」が71.8%でトップ、次いで「雑誌・コミック・書籍」(64.0%)、ファッション(60.4%)が続く結果となった。また、1回あたりの購入金額については「3,001円‐5,000円以下」が35.4%と群を抜いてトップとなっており、加重平均値は、6,433円だった。

■海外インターネット通販利用経験者は14.2%どまり、今後利用したい方は全体の約3割!

  海外のインターネット通販サイトの利用状況と、買い物経験について聞いたところ、利用経験者は14.2%とどまった。一方、「利用したことがないし、今後も利用したくない」が61.6%で群を抜いてトップだったが、過去に利用経験の有無に関わらず今後利用したいとの回答は35.8%となった。

■海外インターネット通販ではアパレル系の購入が大多数!国内との違いが如実に

  海外のインターネット通販サイト利用者に、どのようなものを購入したことがあるかを聞いたところ、国内のインターネット通販では「食品・飲料」が7割超であったのに対し、海外のイン
ターネット通販では「ファッション」が25.4%とトップで、国内のネット通販との違いが如実に分かる結果となった。

■海外インターネット通販の1回あたりの購入金額、国内比プラス4,141円

  海外のインターネット通販サイトの1回あたりの購入金額を聞いたところ、国内のネット通販では5,000円以下が半数を超えていたのに対し、海外のネット通販では5,000円以上20,000円未満の合計が60.6%となっており、加重平均値は10,574円だった。国内のインターネット通販の平均購入金額に比べ、4,141円高い。

■海外インターネット通販、利用理由は「日本で入手できない商品が購入できる」がトップ
懸念点は「送料」や「関税」などコスト面

  海外インターネット通販サイトを利用する理由としては、「日本で入手できない商品が購入できる」(81.0%)がトップ、続いて「価格が安い」(64.1%)という結果となった。
  逆に海外ネット通販を利用する上での懸念点では、トップ3は、「送料」(69.7%)、「関税」(40.8%)、「到着までの時間」(35.2%)であった。海外ネット通販の利用においては、商品の購入金額に付加となる「送料」や「関税」などコスト面が気になるところのようだ。

■海外インターネット通販サイトの利用頻度は下降気味。そのワケは「国内で手に入るから」

  ここ2‐3年の海外インターネット通販サイトの利用頻度の変化については、「変わらない」が
40.8%で多いが、増えたとの回答の合計が24.6%に対し、減ったとの回答の合計が34.5%と下降傾向にあることが見てとれた。
  「減った」理由については、「国内で手に入るようになったから」が63.3%でトップ。続いて「セキュリティ面で不安を感じたから」(26.5%)という結果となった。一方、「増えた」理由には、「円高だから」が68.6%でトップだった。

調査結果

グラフ付きの調査結果・レポートは以下URLからご覧いただけます。
http://research.rakuten.co.jp/report/20100826/


【調査概要】
調査エリア  :全国
調査対象者  :国内のインターネット通販サイト利用者 20‐69歳男女
回収サンプル数:1,000サンプル(性別×年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間   :2010年8月6日‐8月7日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

 

以 上

このページの先頭へ