トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年8月19日
  • 楽天トラベル株式会社

楽天初 「Android」対応の
アプリケーションを開発

  国内最大級の総合旅行サイト「楽天トラベル」を運営する楽天トラベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡武 公士、以下 楽天トラベル)は、携帯電話向けOS「Android(アンドロイド)」搭載のスマートフォンに対応したアプリケーションを開発し、本日8月19日から提供を開始しましたのでお知らせいたします。

  楽天トラベルでは、2009年8月に「Android」搭載のスマートフォンの表示様式を自動的に最適化できるシステムを改善し、操作性に優れた環境を提供してまいりました。今回は、楽天グループで初めて「Android」に対応したアプリケーションを開発し、ユーザーの利便性向上を実現いたします。

  具体的には、GPS機能を利用し、現在地や目的地周辺の施設情報の検索・予約ができる「現在地からの地図検索機能」と施設情報をメールやtwitter上で知らせることで、ユーザー間での情報交換を促し、口コミ効果も期待できる「シェア機能」を新たに搭載しました。
  そのほかには、日付や人数、部屋数から施設条件を絞込み、地域指定すると施設ごとのプランが表示され、料金順やおススメ順など並び替えもできる「日付指定空室検索」や「記念日」「露天風呂」など施設名以外でも検索できる「キーワード検索」、地域ごとの「宿泊施設一覧」、気に入った施設を最大15施設まで登録できる「お気に入り機能」もあり、ユーザーが施設のプランや価格などを比較・検討しやすい機能が充実しています。なお、本アプリケーションは無料で提供します。

  楽天トラベルは、ユーザーにとって満足度の高いサービスや機能を拡充し、利便性の向上につとめてまいります。

「Android」対応の新アプリケーション」概要

◆開始日:2010年8月19日(木曜日)

◆機能
1) GPS機能を利用した現在地と目的地周辺の施設情報を表示する「地図検索機能」

2)施設情報をメールやtwitterで紹介可能な「シェア機能」を搭載し、ユーザー間の情報交換を促進

3) 日付や人数、部屋数から条件を絞り込み、地域を指定すると施設ごとのプランが表示される、
「並び替え機能」も充実

4)施設名以外でも検索できる「キーワード検索」

5)旅の情報収集に役立つエリアごとの「宿泊施設一覧」の表示

6)最大15施設まで登録できる「お気に入り機能」

 

以 上

このページの先頭へ