トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年7月15日
  • 楽天株式会社

楽天、日本の文化遺産の保全と活用を提唱する
「楽天世界遺産劇場」を支援

ー「日光の社寺」を舞台に「日本の伝統文化、芸術」を結集し展開ー

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)が支援する日本の文化遺産の保全と活用を提唱するアートプロジェクト「楽天世界遺産劇場」が、ユネスコ世界遺産として世界に誇る「日光の社寺」にて9月17日から3日間にわたり開催することとなりましたので、お知らせいたします。

  「楽天世界遺産劇場」は、日本各地の文化遺産を舞台に劇場空間を設定し、伝統芸術をはじめ古代と現代の文化がコラボレーションする創造的な舞台芸術活動を展開するアートプロジェクトです。
今回の開催会場となる「日光の社寺」は、歴史上の賢者たちが創作した建造物と大自然によって織りなされる神秘の情景をそなえる世界遺産です。古くから山岳信仰の聖地として名高い「日光二荒山神社」、関東の名刹として知られる「日光山輪王寺」、そして徳川家康公を奉祀し創建された絢爛の「日光東照宮」の代表的な文化遺産「二社一寺」をそれぞれ舞台に設定し、「日本の伝統文化、芸術」の精髄を結集し展開されます。
  なお、公演チケットについては、ネットを通じてより多くの方に購入機会を提供するため、「楽天チケット」にて7月17日(土)からチケット販売を開始します。また遠方からの来場者向けに、総合旅行サイト「楽天トラベル」にて日光周辺の宿泊施設を紹介いたします。

  楽天は、同プロジェクトへの支援をCSR活動の一環として2007年より続けています。この活動により、日本各地の人々が日本古代から受け継がれた「有形」「無形」の文化遺産を地域環境も含め保全し活用するための契機となり、文化遺産を資源にその地域における個性と誇りを創造していく一助になることを期待しております。

【「楽天世界遺産劇場 日光の社寺」概要】

◎チケット販売開始日:2010年7月17日(土)10:00ー
◎URL: http://ticket.rakuten.co.jp/
【主  催】世界遺産劇場実行委員会 他
【公演実績】 http://corp.rakuten.co.jp/csr/culture/

◆9月17日(金)
『浅野温子よみ語り』ー神々のものがたりー
時 間○18:30開場 19:00開演(雨天決行)
会 場○二荒山神社神楽殿

◆9月18日(土)
市川亀治郎東照宮奉納歌舞伎『連獅子』
時 間○18:30開場 19:00開演(雨天決行)
会 場○日光東照宮五重塔前特別舞台

◆9月19日(日)
麿赤兒&大駱駝艦(舞踏)、上妻宏光(津軽三味線)コラボレーション『結界譚-
Kekkaitan』
時 間○9月19日(日)18:30開場 19:00開演(雨天決行)
会 場○日光東照宮五重塔前特別舞台

【出演者プロフィール】

■浅野温子(あさの あつこ)PROFILE
ドラマ「文子とはつ」で本格的にデビュー。映画「スローなブギにしてくれ」で鮮烈 な印象を残し、80年代のトレンディドラマで多くの女性から支持を得て、その後も多数の映画やドラマで活躍。代表作は「あぶない刑事」「抱きしめたい!」「101回目のプロポーズ」「沙粧妙子」など。シリアスな役からコメディエンヌまで幅広い演技力で存在感を放つ。ライフワークとして、日本の様々な古典や物語を題材にした一人 語りの舞台『浅野温子よみ語り』を行っている。國學院大學客員教授。

■市川亀治郎(いちかわ かめじろう)PROFILE
市川段四郎の長男であり、市川猿之助を伯父にもつ。55年7月歌舞伎座『義経千本桜』の安徳帝で初お目見得。58年7月歌舞伎座『御目見得太功記』の禿たよりで二代目市川亀治郎を名乗り初舞台を踏んだ。時代物、世話物、立役、女方を問わず、幅広い役柄で新鮮な魅力を発揮している。また自主公演「亀治郎の会」を主宰し、さまざまな大役に積極的に挑戦するほか、映像作品でもNHK大河ドラマ『風林火山』で武田信玄を見事に演じるなど、多方面でも目覚しい活躍をみせている。屋号は澤瀉屋。

■尾上右近(おのえ うこん)PROFILE
七代目清元延寿太夫の次男で、六代目尾上菊五郎を曾祖父にもつ。12年4月歌舞伎座『舞鶴雪月花』の松虫で本名の岡村研佑を名乗り初舞台。17年1月新橋演舞場『人情噺文七元結』の長兵衛娘お久、『喜撰』の所化で二代目尾上右近を襲名した。
舞踊の才能を開花させつつあり、一昨年は市川海老蔵の親獅子で仔獅子を勤めた。まだ十代の若手ながら将来を期待され、現菊五郎の膝下で修行を続けている。屋号は音羽屋。

■麿赤兒(まろ あかじ)PROFILE
1972年に舞踏カンパニー「大駱駝艦(だいらくだかん)」を旗揚げ。舞踏に大仕掛けを用いたスペクタクル性の強い様式を導入し世界中の観客を魅了し続けている。舞踏家・振付家・演出家・俳優として、舞台芸術の世界を縦横無尽に活動。2010年10月メキシコ・ブラジルツアー、2011年3月世田谷パブリックシアターにおいて創立39周年新作公演が決定している。
大駱駝艦オフィシャルホームページhttp://dairakudakan.com/

■上妻宏光(あがつま ひろみつ) PROFILE    
1973年茨城県出身。6歳より津軽三味線を始め、幼少の頃より数々の津軽三味線大会で優勝を重ね、純邦楽界で高い評価を受ける。伝統楽器津軽三味線の新しい可能性を追求し、国内外アーティスト問わず数多くのセッションに数多く参加。“津軽三味線の伝統と革新”を追求し続けている。
2010年にソロ・デビュー10周年を迎え、最新アルバムとベストアルバムを同時リリース。国内・アメリカ・ヨーロッパツアーを行う。
<オフィシャルホームページ> http://agatsuma.tv/

このページの先頭へ