トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年6月8日
  • 楽天銀行株式会社

楽天銀行、イーネットおよびローソンとの
ATM提携を開始

- 2010年8月下旬よりファミリーマート、ミニストップ、ローソン等に
設置のATMが利用可能に -

  インターネット専業銀行の楽天銀行株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:國重 惇史、以下「楽天銀行」)は、2010年8月下旬より、株式会社イーネット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田和夫、以下「イーネット」)および株式会社ローソン・エイティエム・ネットワークス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:熊谷智、以下「LANs」)とATM提携を開始いたします。

  楽天銀行のキャッシュカードおよび楽天銀行スーパーローンカードをお持ちのお客さまは、全国のファミリーマート、ミニストップ、ローソン等にある17,000台以上のATMをご利用いただけるようになります。土曜・日曜・祝日も含めた365日お引き出し・お預入れ・残高照会(楽天銀行スーパーローンカードはお借入れ・ご返済・残高照会)が可能です。  

  今回の提携により、楽天銀行のキャッシュカードは、セブン銀行(2010年5月末現在のATM設置台数:14,626台)とイオン銀行(同1,654台)をあわせて、ほとんどのコンビニATMが利用可能となります。楽天銀行は今後も、お客さまにとって利便性の高いサービスの提供を続けてまいります。

【新たに提携するATMの概要(2010年5月31日現在)】
■イーネット
      主な設置先    ファミリーマート、ミニストップ、その他スーパー、コンビニエンスストア等
      ATM設置台数  46都道府県に10,436台
■LANs
      主な設置先    ローソン、その他スーパー、病院等
      ATM設置台数  40都道府県に7,210台

 

以 上

このページの先頭へ