トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年5月31日
  • 楽天トラベル株式会社

楽天トラベル 「子供手当て」支給に合わせ
家族旅行向けコンテンツを拡充

  国内最大級のインターネット総合旅行サイト「楽天トラベル」を運営する楽天トラベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡武 公士、以下 楽天トラベル)は、家族旅行コンテンツに、3歳以下の乳幼児を持つママ・パパが安心して泊まることのできる宿泊施設やプラン、育児に関する情報を集約したコンテンツ「0から3歳児の赤ちゃんとママ・パパのために 赤ちゃんと一緒に旅行!」を、2010年5月31日から開始しましたので、お知らせいたします。

  楽天トラベルでは、2009年7月から家族旅行用コンテンツ(URL: http://family.travel.rakuten.co.jp/ )を開設し、乳幼児や子供を持つ家族が安心して旅行できる施設情報を集めたサービスを提供しています。この結果、子供連れの家族旅行が、50.2%増(2010年1月-3月前年同期比)と伸長しています。
2010年6月から「子供手当て」が支給され始め、用途の一つに「旅行」が見込まれる中、本サービスは、今後さらに家族旅行が増え観光産業の活性化に寄与することを期待し、開始することになりました。

  本サービスは、楽天トラベルに参画している施設のうち、ミキハウス子育て総研株式会社(本社:大阪府八尾市、代表取締役社長:藤田洋、以下 ミキハウス子育て総研)が認定した、乳幼児のいる家族に安心して宿泊できる「ウェルカムベビーのお宿」を「楽天トラベル」上で分かりやすく検索・予約ができるものです。例えば、「ベッドが低い・角がない」「煮沸器がある」「おむつやミルクが自由に使える」「キッズルームを完備」など、乳幼児が安心して泊まれる施設や、子供連れのファミリーに喜んでいただける宿泊プランが検索しやすくなりました。
  また、宿泊施設の検索・予約だけでなく、子育てするユーザーの悩みを解決する旅行に関するQ&Aやお出かけのポイント、ミキハウス子育て総研が認定する小さな子供と一緒に行ける「ベビーズヴァカンスタウン」を含む観光地情報などを紹介しています。
なお、本サービスは7月上旬に「楽天トラベル」のモバイル経由からも検索・予約ができる予定です。

  楽天トラベルは、今後もサービスや利便性の拡充を図り、ユーザーの満足度の向上を目指してまいります。

「0から3歳児の赤ちゃんとママ・パパのために
赤ちゃんと一緒に旅行!」サービス概要

◆サービス名:「0から3歳児の赤ちゃんとママ・パパのために 赤ちゃんと一緒に旅行!」

◆URL: http://travel.rakuten.co.jp/special/baby/

◆開始日:2010年5月31日

◆予約可能な施設数:14施設(5月31日現在) ※順次拡大予定

◆「ウェルカムベビーのお宿」とは:ミキハウス子育て総研が認定した
                                              乳幼児のいる家族が安心して宿泊できる宿の総称です。

 

以上

このページの先頭へ