トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年4月22日
  • 楽天株式会社

楽天政治LOVE JAPANとインフォシークが
参議院選挙特集を開始

- 参議院選挙候補予定者323名の情報を掲載 -

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下楽天)は、楽天が運営する政治参加啓発サイト「楽天政治LOVE JAPAN」およびポータルサイト「インフォシーク」において、本日4月22日から参議院選挙特集を開始いたしましたので、お知らせします。

  本企画では、参議院選挙候補予定者を選挙区別や政党別に候補者を探すことができる特設トップページ「参院選特集2010 β版」をインフォシーク内に設置し、個々の政治家に関する詳しい情報を、楽天政治 LOVE JAPANサイト内の「政治家個別ページ」で閲覧することができます。

  また参院選の候補予定者は、楽天政治 LOVE JAPANの情報発信サービスに申し込むことで、同サイト内の自身の政治家個別ページにおいて、プロフィールや「私の政策」(文章、動画)を掲載できるほか、ブログやメルマガの最新版、Twitterの直近のつぶやきなどが自動表示されるようになります。

  さらに政治献金サービスの参加資格を満たす候補者(注1)は、同サービスを利用して、インターネット経由での個人献金を受け付けることも可能です。

  4月22日時点では、政党(注2)が公表する公認・推薦予定者情報を中心に、現職90名、非現職(新人・元職)233名、計323名のデータを掲載しています。

  今後、個々の候補予定者の「私の政策」等の掲載情報を充実させていくほか、新たに設立された政党や無所属の候補予定者についても、適宜「政治家個別ページ」を設置して、情報を掲載していく予定です。また「ネット選挙解禁」に対応して公職選挙法が改正された場合、新法に合わせて、候補予定者にさらに使いやすい情報発信の場を提供していく方針です。

  楽天は、楽天政治LOVE JAPANにおける参議院選挙に関する様々なコンテンツを、今後も順次拡充し、政治への関心を高めるとともに、国民の政治参加の啓発に尽力してまいります。

(注1)献金サービスの参加資格については、こちらを参照してください。

(注2)ここでの政党とは、政治資金規正法第3条第2号で定義する政党を指し、いわゆる政党助成要件を満たした政党に限ります。具体的には、以下のいずれかに該当する政党になります。

・衆議院議員または参議院議員が5人以上
・直近の衆議院総選挙または参議院通常選挙で得票率2%以上

2010年4月16日現在:民主党、自民党、公明党、共産党、社民党、国民新党、みんなの党、改革クラブ、新党日本、たちあがれ日本の10党が該当します。

 

以上

このページの先頭へ