トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年3月3日
  • 楽天株式会社

「楽天×ヴィッセル神戸 エコプロジェクト」始動サポーターの応援を電気エネルギーに変換する床発電テスト導入のお知らせ

  楽天株式会社(本社:東京品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、以下 楽天)と株式会社クリムゾンフットボールクラブ(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:叶屋宏一、以下 ヴィッセル神戸)は、3月7日(日)のJ1リーグ開幕戦において「楽天×ヴィッセル神戸 エコプロジェクト」を始動いたします。

  「楽天×ヴィッセル神戸 エコプロジェクト」では、スポーツ観戦では初となる「床発電システム」(開発元:ジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社)を導入し、サポーターの応援を電気エネルギーに変換する試みをテスト的に行うことになりました。これは、サッカーの応援において特徴的なジャンプの振動により発電を行う、サッカー観戦ならではのヴィッセル神戸の特色を生かした新しい試みです。発電された電気エネルギーの発電量は、随時コンコース内の発電量表示パネルにて掲示され、サポーターにもお楽しみいただけるものとなっており、試合時に使用する電力の一部としての活用を目指します。そのほか、同プロジェクトでは、神戸市と連携し、ゴミの分別回収や地域の清掃活動も開始し、内容を随時拡充していく予定です。
  なお、このたびのプロジェクトは、株式会社楽天野球団が運営する「東北楽天ゴールデンイーグルス」のエコ活動をモデルとして、楽天からの提案を受け開始するに至りました。

  ヴィッセル神戸と楽天は、「楽天×ヴィッセル神戸 エコプロジェクト」の発信により、地域にエコの輪が広がる事を期待し、神戸市と連携しながら活動を推進してまいります。

 【「楽天×ヴィッセル神戸 エコプロジェクト」詳細】

■協力:楽天株式会社

■ホームズスタジアム神戸での活動

1.床発電システムの導入

内容 :Jリーグ初の取り組みとして、一部のサポーターズシートの床に「床発電システム」(振動により生じるエネルギーをもとに発電を行うシステム)を導入し、応援中にサポーターズシートにて起こる振動を電気エネルギーに変換し、試合時に使用する電力として活用します。発電量は、随時コンコース内の発電量表示パネルにて掲示されます。サポーターの皆さまの応援による振動が発電に繋がるため、サポーターに楽しく参加いただけるエコ活動です。

2.ペットボトル分別回収の徹底

内容 :神戸市のペットボトルリサイクル率を向上させるべく、ペットボトルのキャップやラベルを外し、飲み残し等を分別して捨てて頂くよう、啓蒙活動を行います。なお、専用回収BOXをスタジアム内に設置し、スムーズな分別を目指します。
分別 :(1)ペットボトル (2)ペットボトルキャップ (3)ラベル (4)飲み残し

3.ペットボトルキャップの回収

内容 :ペットボトルのキャップを回収し、回収したキャップをNPO法人エコキャップ推進協会に納めます。その後、同協会が再資源化事業者を介してリサイクルに役立て、ポリオで苦しむ世界の子どもにワクチンを提供する為に協力します(ペットボトルキャップは、800個で1人分のワクチンとなります)。
目標 :100,000個 
※2009年度は、74,800個のペットボトルキャップを回収しました。

4.楽天Presentsエコマッチの開催

対象試合 :2010年10月23日(土) J1リーグ戦第27節vs.名古屋グランパス
※ 詳細は、後日ヴィッセル神戸のページにて発表いたします。

■ホームズスタジアム神戸以外の活動

内容 :ヴィッセル神戸の選手・スタッフをはじめ、ヴィッセル神戸に関わる全ての人とトモニ、神戸の街をより美しくする為の清掃活動を定期的に行います。また、清掃活動により収集したゴミを分別し、様々なリサイクルにも協力します。

 

以上

このページの先頭へ