トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年3月1日
  • 楽天株式会社

「楽天政治 LOVE JAPAN」
政治献金サービスの決済手段拡張

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下楽天)は、政治参加啓発サイト「楽天政治LOVE JAPAN」の政治献金サービスにおける対応クレジットカードを追加し、新たに同サイトでセゾンカードでのクレジットカード決済が可能になりましたのでお知らせいたします。

  またクレジットカード決済とともに口座振替での決済手段にも対応し、イーバンク銀行口座振替での献金の決済を開始いたしました。

  「楽天政治LOVE JAPAN」では、昨年7月27日のグランドオープン以降、国政(衆議院、参議院)ならびに地方政治(都道府県知事、政令指定都市市長)を対象に、情報発信サービスと政治献金サービスを提供してまいりました。政治献金サービスでは、3月1日現在、177名の政治家が献金の申込を受け付けており、2月28日時点の献金申込件数(累計)は480件にのぼります。

  このたび、政治献金サービスの献金決済手段として、従来の楽天KC株式会社発行の楽天カードに加えて(注)、株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:林野 宏)が発行する約2,100万枚のクレジットカードならびにイーバンク銀行株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:國重 惇史)の約340万の口座からの口座振替での献金の申し込みが可能となりました。セゾンカードでの献金申し込みは3月16日から、イーバンク銀行口座振替は本日3月1日から受付を開始いたします。イーバンク銀行口座振替では、献金申込者の口座から楽天政治LOVE JAPAN口座に指定の献金額が振り込まれ、楽天が各資金管理団体へ取りまとめて振り込みを行うため、献金申込者には振り込み手数料等はかからず、簡便な決済が可能です。

  楽天は今後とも「楽天政治LOVE JAPAN」の政治献金サービスにおいて利用できる決済手段を順次追加し、幅広いユーザーが利用できるような環境を整え、個人献金の普及を通じて国民の政治参加啓発の促進のため尽力してまいります。

(注)「楽天政治 LOVE JAPAN」の政治献金サービスでは、政治家・献金者の双方が政治資金規正法をはじめとした関連法令に抵触するリスクを最小化し、安心してお使いいただくことを重視しております。この一環として、違法とされる他人名義・偽名による献金を極力防止するために、献金者が申込の際にサイト上で入力した情報と、クレジットカード会社への登録情報を照合し、本人確認を実施しております。この本人確認を実施するためには、クレジットカードの発行会社と個別に契約を締結しております。

 

以上

このページの先頭へ