トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2009年10月21日
楽天株式会社

関西スーパーマーケット、ネットスーパー事業を本格展開
--楽天グループのネットスーパーモール「食卓.jp」に出店--

http://www.shokutaku.jp/kansaisuper/w_mall_top.php
 株式会社関西スーパーマーケット(本社:兵庫県伊丹市、代表取締役社長:井上 保、以下 関西スーパー)は、楽天グループの株式会社ネッツ・パートナーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤川 和宏、以下 ネッツ・パートナーズ)が運営するネットスーパーモール「食卓.jp」に、10月21日に出店し、ネットスーパー事業を開始しましたのでお知らせします。

 昨今、首都圏を中心にネットスーパー市場が急成長する中で、関西においてもスーパー各社のネットスーパー市場への参入が活発化しています。その中で関西スーパーは、ネットスーパーモールへの出店という形態をとることで初期投資を低く抑えて事業をスタートさせると同時に、約5,900万人の会員数を誇る楽天グループの集客力を活用し、速やかに事業を軌道に乗せる狙いです。

 一方、楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)およびネッツ・パートナーズにとっては、今回が関西を拠点とするスーパーマーケットの初めての出店となります。これを機に、今後もサービス対象地域を全国に拡大すべく、スーパーマーケットならびに総合スーパーに対しての出店促進を図ってまいります。

 関西スーパーは、今年創業から50周年を迎え、長期ビジョンとして「2020年 100店舗、年商2,000億円」を掲げて多店舗化を展開していますが、ネットスーパーサービスは、顧客にとって付加価値の高いサービスで、この長期ビジョンを補うものと位置づけています。まず「ネット関西スーパーらくらく宅配」の名称で、兵庫県神戸市東灘区・芦屋市を主なサービスエリアとする「セルバ店」(神戸市東灘区森南町)で運用を開始し、続いて大阪でも展開していきます。当初の取扱品目は、生鮮食料品をはじめ、加工食品や酒類、生活用品など約3,000品の予定です。

 今後関西スーパーは、順次ネットスーパーサービスの対応店舗や取扱商品を拡大し、既存顧客への新しいサービス提供による満足度の向上と、新規顧客の獲得に取り組んでまいります。また楽天およびネッツ・パートナーズは、ユーザーと出店店舗それぞれにとって、より利便性の高いサービスを提供するべくシステムの改善等を進め、「食卓.jp」の売り上げのさらなる拡大を目指してまいります。


────────────────────────────────────
             □■「ネット関西スーパー」の概要■□
────────────────────────────────────
【 店 舗 U R L 】:http://www.shokutaku.jp/kansaisuper/w_mall_top.php

【 対 象 店 舗 】: セルバ店

   (10月21日より実施、 配達地域 神戸市東灘区、芦屋市全域)

【 商 品 数 】:約3,000品

【 取 扱 商 品】:生鮮食品(青果・鮮魚・精肉)、惣菜、酒類、日配食品、一般食品、生活用品など

【 販 売 価 格】:店舗売価と同一を基本とする

【 受 付 時 間】:24時間・365日

【 配送時間帯 】:
注文締め時間/配送時間
  10:00 / 13:00-15:00
  12:00 / 15:00-17:00 もしくは 17:00-19:00
        (注文時に選択)

【 配 送 形 態】:常温、冷蔵、冷凍の3温度帯別に管理し配送

【 配 送 料 金】:315円(神戸市東灘区全域、
                  芦屋市の奥池町・奥池南町を除く地域)

           525円(芦屋市の奥池町・奥池南町の地域)

【 決 済 方 法】:クレジットカード、代金引換

以上
このページの先頭へ