トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2009年9月30日
楽天株式会社

楽天、タイにおいてEC事業参入
TARAD.comと資本業務提携締結、株式67%取得


 楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、タイ最大のECサイトを運営するTARAD Dot Com Co.,Ltd.(タラッド ドット コム、本社バンコク タイ、以下 タラッド社)との間で同社株式67%の取得を含む資本業務提携を締結し、タイにおいてEC事業を展開するための各種手続きが完了いたしましたのでお知らせします。


 タラッド社は1999年に設立されたインターネット企業で、タイ最大のECサイト「TARAD.com」(URL:http://www.tarad.com/ )を運営しています。同サイトは、楽天が運営する「楽天市場」(URL:http://www.rakuten.co.jp/ )と同じく、マーケットプレース型インターネットショピングモールで、約16万店舗が出店し、ファッションや家電製品をはじめとした約140万点に及ぶ商品を揃え、会員数は200万人にのぼります。このたび楽天がタラッド社の株式67%を取得し同社の経営に参画することで、楽天の事業運営ノウハウや経営スタイルを導入するとともに、2010年初めから「楽天市場」の各種機能やサービスを「TARAD.com」に取り入れ、順次同サイトの拡充を行ってまいります。なお、楽天からCEOを含む3名を同社に派遣させるとともに、各部門の支援も行う予定です。


 楽天は世界一のインターネット・サービス企業を目指し、世界に通用する日本発のサービスの実現に向けて、本格的な海外進出を推進しております。楽天市場事業においては、日本と同様のビジネスモデルを世界に展開してまいります。2008年には台湾の統一超商股扮有限公司との間で合弁企業を設立し、同年5月に台湾楽天市場を開設しました。このたびのタイへの進出は、楽天市場での2番目の国際展開となります。


 ASEAN諸国の中でもEC市場の潜在成長性が高いタイにおいて、日本でNo.1のインターネットショッピングモールを運営する楽天と、タイNo.1のECサイトを運営するタラッド社がパートナーシップを結ぶことで、タイのユーザーにさらに快適なインターネットショッピング環境を提供するとともに、タイの中小企業や個人事業主の方々をエンパワーメントし、微力ながらタイ経済の活性化に貢献してまいりたいと考えております。


 なお、タラッド社は、タイ国投資委員会(BOI)から投資奨励案件としての認定を受けており、同社は各種優遇措置の適用対象となる予定です。


1.楽天の概要

(1) 商号
楽天株式会社

(2) 事業内容
総合インターネット・サービス

(3) 設立年月日
1997年2月7日

(4) 本店所在地
東京都品川区東品川4-12-3

(5) 代表者
代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史

(6) 資本金
107,562百万円(2009年6月30日現在)

(7) 従業員数
5,568人(2009年6月30日現在)


2.TARADの概要

(1) 商号
TARAD Dot Com Co.,Ltd.

(2) 事業内容
インターネット・サービス

(3) 設立年月日
1999年1月29日(登記)

(4) 本店所在地
Phaholyothin Rd, Samsen-nai, Phayathai Bangkok Thailand

(5) 代表者
松尾 俊哉

(6) 創業者
パーウット・ポンウィタヤパーヌ

(7) 資本金
10百万バーツ(2009年9月23日現在)

(8) 従業員数
43人(2009年9月23日現在)


以上
このページの先頭へ