トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2009年8月27日
楽天株式会社

楽天、自社開発ソフトウェア「ROMA」を用いた
初のサービス提供を開始
-まずは、楽天トラベルの閲覧履歴機能「最近見た宿」に導入-

 楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、楽天技術研究所が研究開発した大規模分散処理ソフトウェア「ROMA」の本格運用を開始し、本日より「楽天トラベル」が提供する閲覧履歴機能「最近見た宿」に導入を開始いたしましたので、お知らせします。

 これまで楽天トラベルでは、PCのブラウザ単位でのパーソナライズとして、ユーザが前回閲覧した宿を表示させる閲覧履歴機能「最近見た宿」を導入しています。今回新たに、モバイルで同様の機能を導入するにあたり、PC/モバイル双方からアクセスした履歴をシームレスに表示させるために、高速にデータを処理する必要があり、高速処理に優れた自社のソフトウェアである「ROMA」を用いた初の機能提供を開始しました。
 これによりユーザにとっては、例えば帰宅途中にモバイルで週末の宿泊施設候補のページを閲覧すると、帰宅後の自宅のPCで「最近見た宿」に閲覧履歴が引継がれるため、モバイルで閲覧してPCで予約するということが可能となります。逆にPCで閲覧してモバイルで予約も可能なため、様々な利用シーンにおいてPC/モバイル併用による利便性向上を実現することができます。

 ECの基盤ソフトウェアとして開発された「ROMA」(Rakuten On-Memory Architecture)は、分散キー・バリュー型データストアと呼称されるソフトウェアです。これは、大量のデータを高速に処理することを目的とし、複数のサーバを仮想的に1つのデータストアのように扱い、従来のデータベースでは実現することが難しかった処理を可能にしました。また、耐障害性・拡張性・保守性にも優れ、機能追加を柔軟に行うことができる点が大きな特徴です。

 今後も楽天グループでは、大規模分散処理の研究プロジェクトである「ROMA」をはじめ、次世代のインターネットサービスの基盤となる技術の更なる拡大を推し進め、インターネットを活用した人々の生活を豊かにする新しいサービス・事業の展開をすすめてまいります。


以上
このページの先頭へ