トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2009年8月7日
楽天株式会社

楽天グループ内におけるシステム開発子会社の統合について

 楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、持分法適用関連会社であるテクマトリックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:由利 孝、以下 テクマトリックス)に対して、連結子会社である株式会社カサレアル(本社:東京都中央区、代表取締役社長:窪 伸一郎、以下 カサレアル)の株式を譲渡することについて合意し、楽天の保有株式を含めて発行済みの全株式を取得したテクマトリックスによるカサレアルの完全子会社化が完了いたしましたのでお知らせします。


 テクマトリックスは、カスタムメイド・ソリューション事業において、インターネットを活用したビジネスモデルを展開する企業向けを中心にシステムの受託開発を行っており、2001年5月に楽天が第三者割当増資により株式を取得して以来、楽天市場をはじめとした各種システムの開発業務に参画してきました。楽天は現在、同社株式を31.4%保有しています。


 一方、カサレアルは、オープンソースソフトウェアに特化し、開発プロジェクトの受託等を行うシステム開発事業と、IT技術者のトレーニングや研修等を提供する教育事業を展開しております。カサレアルはこれまでも楽天グループの開発プロジェクトに参画し、2007年5月には楽天が第三者割当増資により同社株式を取得し、直近では78.3%の株式を保有していました。


 テクマトリックスによるカサレアルの完全子会社化により、楽天グループにおけるシステム開発の集約化を図り、各種開発プロジェクトをさらに機動的に行うことが可能となります。楽天は今後も開発力を強化することで、ユーザーにとってさらにメリットの高いサービスを提供して参ります。


以上
このページの先頭へ