トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2009年2月9日
楽天株式会社
楽天証券株式会社

「週刊新潮」による名誉毀損報道に関する
東京高裁への控訴について



 「週刊新潮」誌に掲載された2件の記事(平成18年9月7日号および平成18年10月5日号)につきましては、本年1月26日に当社および当社代表取締役会長兼社長三木谷浩史に対して一部勝訴の判決が東京地方裁判所より言い渡されましたが、当該判決において認容された損害賠償額が当社および三木谷の被った損害に比して著しく低額であると考えられること、謝罪広告の掲載が命じられなかったこと、および楽天証券株式会社に対する名誉毀損が認定されなかったことなどから、本日、東京高等裁判所に控訴を提起しました。



 「週刊新潮」の違法な記事により当社らの名誉・信用は著しく傷つけられ、それによって社会的評価・企業価値の低下や事業上の損害などの極めて大きな損害を被っておりますので、控訴審においては引き続きそれらの点を主張するとともに、違法な報道を行った株式会社新潮社の法的責任を厳しく追及していく所存であります。



以上
このページの先頭へ