トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2008年9月25日
楽天株式会社

当社子会社が保有する株式の譲受
および子会社での特別損失発生について


 当社は、当社子会社である楽天ストラテジックパートナーズ株式会社(以下、「楽天SP」)が保有する全ての株式会社東京放送(以下、「東京放送」、証券コード:9401)の普通株式を有償にて譲り受ける旨、本日開催の取締役会で決議しましたのでお知らせいたします。


 これは、昨年11月に当社子会社の楽天メディア・インベストメント株式会社(清算済)で保有する東京放送株式を当社が譲り受けたことに続き、子会社で保有していた東京放送株式を当社での保有に切り替えるもので、本件により東京放送株式の保有主体は楽天株式会社に集約されることになります。近時の株式市場の動向を鑑み、東京放送株式を自己資本の充実した当社にて保有することで、子会社である楽天SPの事業・財務に同社株式の価格変動が与える影響を排除することを目的としております。


 なお、今回の譲受の前後で、楽天グループとして保有する東京放送株式の株式数に変更はございません。また、東京放送との資本・業務提携に関する当社の方針についても、変更はございません。



1.株式譲受の概要


譲受対象の株式          株式会社東京放送 普通株式
譲受株式数             6,369,500株(議決権比率 3.34%)
楽天SPでの帳簿価額       183億円
譲受株式の価額          116億円
株式譲受の契約締結日      平成20年9月25日


 本件株式の譲受は、当社と楽天SPの間で、相対取引によって行い、9月末までに完了します。本件株式の譲受によって、当社は楽天SPの保有する全ての東京放送普通株式を取得いたします。


(ご参考)楽天グループでの東京放送株式の保有状況について


(現状)        
楽天㈱ 31,401,200株 (16.49%)
楽天SP 6,369,500株 (3.34%)
合計 37,770,700株 (19.83%)


(本件譲受後)
楽天㈱ 37,770,700株 (19.83%)
楽天SP ―株 (―)
合計 37,770,700株 (19.83%)


※カッコ内は議決権比率です。


2.今後の見通し


  本件により、楽天SPにおいて約67億円の売却損が発生いたしますが、当該売却損は親子会社間の取引から生じるもので連結決算上消去されるため、当社の2008年12月期の連結業績には影響しない見通しです。


  なお、当社及び当社グループ各社が属するインターネットビジネス業界及び証券業界は事業環境の変化が激しいため、業績の予想を行うことが困難であります。したがいまして、業績予想につきましては開示しておりません。


以上
このページの先頭へ