トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2008年8月21日
楽天株式会社

楽天ソシオビジネス、「特例子会社」認可を取得
 
 楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天) の100%子会社である楽天ソシオビジネス株式会社 (本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:武田 和徳、以下 楽天ソシオビジネス)は、「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づく「特例子会社*」としての厚生労働大臣の認可を、本日取得しましたのでお知らせします。

 楽天では、様々な障がいをお持ちの方でも能力を発揮できる就労環境を、IT企業の特性を活かして整備し、雇用機会を提供するために、2007年12月に楽天ソシオビジネスを設立しました。楽天ソシオビジネスでは、Webサイト運営補助、データ作成・加工、コールセンター業務、社内ヘルプデスク等の各種業務を楽天グループ各社から受託しています。

 楽天は、今後も楽天ソシオビジネスを通じ、障がいをお持ちの方でも働きがいのある職場を提供し、さらなる雇用促進を図ることで、障がい者の自立生活を引き続き支援する予定です。


*特例子会社
企業が障がい者雇用に特別の配慮をし、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可を受けた子会社のこと。障がい者雇用率は、通常企業ごとに算定するが、特例子会社は親会社の一事業所とみなされ、親会社の雇用率に算定される。


<楽天ソシオビジネス概要>

(1) 社名
楽天ソシオビジネス株式会社

(2) 代表取締役社長
武田 和徳(楽天株式会社 取締役常務執行役員)

(3) 本社所在地
宮城県仙台市宮城野区榴岡5-12-55

(4) 設立日
2007年12月5日

(5) 資本金
10,000千円(楽天株式会社100%)

(6) 従業員
36名(障がい者35名)

(7) 主な事業概要
インターネット及びコンピュータに関連する各種サービス、
事務及び軽作業全般の請負他

(8)採用ホームページ
http://www.rakuten.co.jp/recruit/syogai/

以上
このページの先頭へ