トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2008年8月4日
楽天株式会社

楽天、福岡に開発拠点を設立
主に楽天KCのWEBサイトを開発予定

 楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下楽天)は、開発体制強化の一環として、本日8月4日に福岡県福岡市に開発拠点「福岡テックセンター」を開設しましたのでお知らせいたします。

 楽天はこれまで東京本社集中型の開発体制をとってきましたが、さらなる開発生産能力の増強とスピードアップを図るため、開発拠点の地方都市への分散化を図っています。2007年12月に宮城県仙台市に「東北テックセンター」を開設したのを皮切りに、同年12月に大阪市に「大阪テックセンター」、2008年4月に北海道札幌市に「北海道テックセンター」を開設しました。今回開設した「福岡テックセンター」は、国内4ヵ所目の地方開発拠点となります。

 「福岡テックセンター」は、楽天KC本社内に開設し、当初は主にKC事業のWEBサイト開発業務を担ってまいります。これまでも、KC事業の開発関連業務は、福岡市のKC事業内で推進をしてきましたが、楽天の他事業での開発技術のノウハウを生かして、KC事業の開発関連業務を強化いたします。

 「福岡テックセンター」の概要については以下のとおりです。


                ■□ 「福岡テックセンター」概要 □■

◇名称:「福岡テックセンター」

◇開所日:2008年8月4日

◇所在地:福岡県福岡市博多区博多駅前3-4-2 楽天KC会館1F

◇従業員数:20名(8月4日時点)

◇業務内容:KC事業のWEBサイト開発業務


*これまで開設した開発拠点(テックセンター)及び業務内容

・2007年12月 「東北テックセンター」
 カサレアル社のリソースを活用した、プロスポーツ事業、
 楽天市場事業、インフォシーク事業の開発と運用の一部

・2007年12月 「大阪テックセンター」
 インキュベーション事業の開発と運用の一部

・2008年 4月 「北海道テックセンター」 
 社内業務システムの開発と運用の一部

以上
このページの先頭へ