トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2007年12月10日
楽天株式会社
ビットワレット株式会社

楽天とビットワレット “ネットとリアルの融合”による
共同マーケティングを展開
-第一弾、電子マネー「Edy」を使った買い物で
「楽天スーパーポイント」が貯まります-

 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、以下楽天)と、ビットワレット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:眞鍋マリオ、以下ビットワレット)は、“ネットとリアルの融合”による共同マーケティングの分野で、包括的に業務提携することで、本日基本合意に達しましたのでお知らせいたします。

 楽天がインターネット事業を通じて得た資産と、ビットワレットがリアル店舗を中心に展開している電子マネー事業で得た資産をそれぞれ持ち寄って、ネットとリアルの融合を図り、ユーザーのさらなる増強に向けて共同でマーケティングを展開してまいります。

 第一弾として、2008年夏を目処に、ビットワレットの推進する電子マネー「Edy(エディ)」を利用した際に、楽天の運営するポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を付与するサービスを始めます。具体的には、ユーザーが、楽天が開発する専用の携帯アプリケーションソフト「楽天アプリ(仮称)」を「おサイフケータイ(R)」にダウンロードして、この携帯端末を使って「Edy」で買い物をすると、「楽天スーパーポイント」が貯まっていくサービスとなります。「楽天アプリ」の利用料は無料です。

 この新サービスにより、楽天はこれまでネット中心であった楽天会員の「楽天スーパーポイント」の獲得機会をリアル消費の領域まで拡大することが可能となり、楽天会員が日常生活で獲得したポイントを楽天経済圏へ還流することを期待しております。一方、ビットワレットは、幅広いユーザー層から高い支持を得ている「楽天スーパーポイント」との連携により、楽天会員の積極的な「Edy」利用を見込んでおります。

 今後も、インターネット事業において3千万人以上の会員を保有する楽天と、リアルシーンで7万店以上のEdy加盟店、また決済サービスだけでなく、電子クーポンや、電子ギフトなどのマーケティングツールを有するビットワレットは、幅広い分野での新しいサービスの実現に向けて協力して検討を進めてまいります。

*「おサイフケータイ」は株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの登録商標です。
*「Edy(エディ)」は、ビットワレット株式会社が管理するプリペイド型
 電子マネーサービスのブランドです。
  
1. 楽天の概要
(1) 商号         楽天株式会社    
(2) 事業内容      総合インターネット・サービス
(3) 設立年月日     1997年2月7日    
(4) 本店所在地    東京都港区六本木6-10-1    
(5) 代表者       代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史           
(6) 事業年度の末日 12月31日 
(7) 資本金        107,423百万円(2007年6月30日現在)     
(8) 従業員数      3,283人(2007年6月30日現在、連結)


2. ビットワレットの概要
(1) 商号          ビットワレット株式会社
(2) 事業内容       プリペイド型電子マネー「Edy」事業の企画・運営
               プリペイド型電子マネーのカード発行会社・利用店舗の
               開拓、Edyブランドの管理
(3) 設立年月日     2001年1月18日
(4) 本店所在地     東京都品川区大崎1-11-1
              ゲートシティ大崎ウエストタワー18階
(5) 代表者       代表取締役社長 眞鍋 マリオ
(6) 資本金        36,373百万円(2007年11月30日現在)
(7) 従業員数      約170人(2007年11月30日現在)


以上

このページの先頭へ