トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2007年12月6日
楽天株式会社

コンピュータ関連事故の対応組織「CSIRT」を新設 
 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は、
情報セキュリティ対策強化の一環として、開発・編成統括本部内にコンピュータ
関連事故の対応組織である「* CSIRT(Computer Security Incident Response
Team)」を新設しましたのでお知らせいたします。

 インターネット犯罪が組織化、多様化する中、ユーザーが安心してインター
ネットサービスを利用できるようにセキュリティ対応力の一層の強化を図ること
が必要不可欠と考え、CSIRTを新設しました。

 CSIRT設置にあたり、国内インシデント対応組織の一つであるJPCERT(Japan
Computer Emergency Response Team)コーディネーションセンターにアドバイス
を受けながら、セキュリティ対応プロセスを整理し、インシデント対応フローの
明文化を図りました。

 今後は、セキュリティ対応の品質を維持していくとともに、JPCERTコーディネー
ションセンターなど公的なCSIRTを通じて他のCSIRT組織からの協力も仰ぎなが
ら、セキュリティに関する情報共有を図り、より迅速なインシデント対応に努めて
まいります。また、安全なインターネット社会実現のために微力ながら寄与でき
るよう尽力してまいります。

* CSIRT:
コンピュータセキュリティに関する事故が発生した場合に、実際に対応に当たる
組織の総称。米国カーネギーメロン大学内に設置された米CERT/CC(Computer
Emergency Response Team/ Coordination Center)が代表的。日本では民間の非
営利団体であるJPCERTコーディネーションセンターなどが公的なCSIRTとして知
られている。

以上
このページの先頭へ