トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2007年12月6日
楽天株式会社

行動ターゲティング広告「楽天行動ターゲティング β版」配信を開始
「楽天市場」の商品閲覧履歴に基づいて、「インフォシーク」上で配信

 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は、行動ターゲティング広告の「楽天行動ターゲティング β版」の提供を、12月6日より開始することとなりましたのでお知らせします。

 「楽天行動ターゲティング β版」は、楽天が運営するショッピングモール「楽天市場」の閲覧履歴に基づいて、そのユーザが興味や関心を持っているジャンルを特定します。その上で、同ユーザが楽天の運営するポータルサイト「インフォシーク」を訪問した際に、楽天市場で閲覧していた商品と関連のある広告を掲載するものです。

 その結果、ユーザの興味や関心にマッチした広告を配信することが可能となり、ユーザにとって有益な情報への接触機会が増えることになります。一方で、広告主にとっては「楽天市場」に集まる“購買意欲の高い”そして“その分野に興味のある”ユーザに対し効果的に訴求できるというメリットがあります。

 興味・関心の分類については、「楽天市場」のジャンルから14種類に分類します。分類の詳細は以下のとおりです。
 1.パソコン・周辺機器
 2.家電・AV・カメラ
 3.エンタメ
 4.車・バイク    
 5.ファッション
 6.キッズ・ベビー・マタニティ
 7.スポーツ        
 8.キッチン・インテリア・ガーデニング
 9.飲料
10.グルメ・スイーツ
11.ダイエット・健康
12.ペット
13.コスメ
14.ゲーム

 「楽天行動ターゲティング β版」は既存の広告枠に表示されるため、ユーザは違和感無く広告に接触することになります。なお、本サービスは1月以降に正式版として改めてリリースする予定です。

以上
このページの先頭へ