トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2007年10月22日
楽天株式会社
株式会社アクトビラ

テレビの新しいネット・サービス「アクトビラ」上にて
「楽天市場」のサービス利用が可能に

 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)と、株式会社アクトビラ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大野誠一、以下 アクトビラ)は10月22日に業務提携に関する契約を締結しましたのでお知らせいたします。これにより、ユーザーはテレビの新しいネット・サービス「アクトビラ」上でインターネットショッピングモール「楽天市場」のサービス利用が可能になります。
 本サービスは、「アクトビラ」サービス上のショッピング・ジャンルの中で楽天が「楽天市場」の運営を行います。

 「アクトビラ」は、ブロードバンド接続機能を有するデジタルテレビを対象としたテレビの新しいネット・サービスで、映画・音楽・アニメ・ドラマ・ドキュメンタリーなどの映像配信サービス「アクトビラ ビデオ」(2007年9月1日開始)と、ニュース・天気・番組情報・エンタメ情報・株価・地図/交通などの静止画+文字ベースの情報提供サービス「アクトビラ ベーシック」(2007年2月1日開始)を提供しています。「アクトビラ ベーシック」対応テレビは9メーカー121機種、「アクトビラ ビデオ」対応テレビは2メーカー20機種でご利用可能(10月1日現在)です。

 今回の提携により、楽天は初めてテレビ向けに「楽天市場」のサービスを提供することになります。具体的には、「アクトビラ」上のショッピング・ジャンルに「楽天市場」を新設します。ユーザーは高画質のデジタルテレビ上で「楽天市場」に出店する約21,000店、1,000万品以上の商品の中から携帯電話を利用するなどして購入することが可能となります。本サービスの展開によって、お茶の間の中心にあるテレビを通じて「楽天市場」の利用が可能となり、幅広い世代の方から様々な場面での利用に加え、パソコンを保有しない方やパソコン操作に不慣れな方などにもインターネットショッピングの機会を提供できることから利用者が拡大することを期待しております。
 商品の選定はリモコン操作で行います。商品の購入は当初、画面上にあるQRコードを携帯電話に読み取って行ったり、携帯電話から商品URLを記載したメールを一旦パソコンに送信し、そのパソコンで完了したりすることとなります。今後はテレビ上で購入が完結するシステムの開発を行う予定です。

 楽天とアクトビラは、今回の提携を通じて、ショッピング分野での新しいサービス開発に取り組み、テレビの新しい楽しみ方をお客様に提供してまいります。

※(株)アクトビラは、2006年7月7日にシャープ(株)、ソニー(株)、ソネットエンタテインメント(株)、(株)東芝、(株)日立製作所、松下電器産業(株)の6社により共同で設立された会社です。

【サービスイメージ図】
※商品の選定はテレビのリモコン操作で行うことができます。
 http://www.rakuten.co.jp/pr/2007/1022/release_1022_02.jpg
このページの先頭へ