トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2007年8月23日
楽天株式会社
ファスト サーチ&トランスファASA

FASTと楽天、モバイル検索の合弁会社を設立
先進技術の融合によりモバイル広告・検索の革新的なサービスを創出

 楽天株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役会長兼社長: 三木谷 浩史、以下 楽天)とエンタープライズ サーチ テクノロジーおよびソリューション開発のリーディング カンパニー、ファスト サーチ&トランスファASA(本社: ノルウェー オスロ、最高経営責任者: ジョン・マーカス・ラービック、以下 FAST)は、国内市場向けにモバイル検索サービス、およびそれに関連する広告サービスを提供する新会社を合弁で設立することを決定いたしました。

 両社は、モバイル検索サービスを独自に開発、提供することで、同マーケットにおける競争優位性の早期確立を目指します。世界的に成長が著しいモバイル検索市場において、いち早くユーザーニーズを満たすサービスを提供し、ビジネス機会および事業の拡大を図っていきます。

 当該合弁会社は、社名を 「楽天・ファスト・モバイルサーチ株式会社」 とし、資本金および資本準備金の合計は8億円で、両社の折半出資にて設立する予定です。
 同社は、2007年中に楽天のモバイルサイトへ同社が開発するモバイル検索サービスの提供を開始すると共に、今後大幅な成長が見込まれるモバイルリスティング広告サービスの開発にも着手いたします。その後、外部企業にも積極的にOEM提供を行う予定です。

 また、同社内にモバイルテクノロジーセンター(仮称)を設置し、開発した技術・ノウハウの更なる向上を図り、それらを海外展開することにより、モバイル検索サービスにおけるグローバルな競争優位性の確立を目指します。

 楽天は、FASTの検索技術を自社の楽天市場等で活用していることから、その技術力を高く評価しています。世界的な潮流として、eコマースをはじめとするモバイルサービスのトラフィックは増大の一途をたどっており、その成長をグローバルにリードしていくためにも、FASTとの戦略的な提携が必要不可欠であると判断しました。また、国際展開を急速に進めている楽天にとって、全世界に事業拠点をもつFASTのネットワークが、モバイル検索サービス以外の既存サービスの海外展開をも加速させるための推進力となるものと期待しています。

 FASTも、モバイル検索やeコマース、モバイル広告のより高度なソリューションに対する世界的なニーズの高まりを戦略的に注視しています。楽天との提携によって、モバイル先進マーケットである日本におけるサービス開発ノウハウや、3,800万人超の会員を持つ楽天グループの集客力を、FASTのサーチテクノロジーと融合させることで、モバイル検索市場におけるベストプラクティスを実現し、新たな市場への拡張、ひいては両社の収益力の向上を図って行く方針です。
■合弁会社の概要
1.会社名  :楽天・ファスト・モバイルサーチ株式会社
2.出資比率 :楽天 50%、FAST 50%
3.資本金および資本準備金:8億円
4.役員構成 :双方から代表取締役を1名ずつ(楽天からCEO、FASTからCTO)、
       取締役1名ずつを派遣。
5.会社設立 : 2007年9月中旬
6.サービス開始予定:2007年中
以上
このページの先頭へ