トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2007年6月26日
楽天株式会社

楽天市場、ショッピングモール出店数が20,000店を突破!
 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)が運営する日本最大のインターネットショッピングモール「楽天市場」は、2007年6月25日に出店数が20,000店を突破いたしましたのでお知らせいたします。

 1997年に13店舗からサービスを開始し、本年で10周年を迎える「楽天市場」の出店数は、2004年の10月末に10,000店、2005年12月末に15,000店を突破し、このたび、わずか1年6ヶ月を経て20,000店に到達いたしました。(【表】出店数推移表参照)。早期に20,000店に到った背景には、出店者向け新料金「楽天10周年記念 がんばれ!プラン」の導入、NTTドコモとの共同開発による「楽天オークション」(2006年11月サービス開始)のiモードでの公式メニュー化、ならびに出店者サポートのための地方拠点の拡大などが挙げられます。

 「楽天市場」では創業時より「日本を元気にする」という志のもと日常的に利用されるインターネットショッピングのマーケット構築はもとより、「エンパワーメント」というコンセプトを掲げ『出店者サポート』、『集客』および『システム開発』において事業者の規模に関係なくネット上で平等に商売ができる環境構築に尽力してまいりました。このようなことから楽天と出店者の関係はより強固になり、出店者から受ける問い合わせは売上向上に関する相談のみならず人材育成や組織強化などのマネージメントに関する内容まで多岐に亘るようになりました。このような状況を受けてネットショップの運営における教育機関「楽天大学」(※下記参照)では、マネージメントに関する講座「チームビルディングプログラム」を7月から新設するなど、常に出店者の課題に合わせたきめ細やかなサポートにて対応していきます。
 なお、出店数20,000店突破を記念して、「楽天スーパーポイント」のキャンペーンやセールを実施する予定です。

 楽天では、今後さらなる出店数の向上を目指すほか、出店者の運営ステージに合わせた出店者サポートを強化し、ユーザにより一層の魅力あるマーケットプレイスを提供してまいります。


(※)「楽天大学」について
 楽天市場の出店者向けにECノウハウを提供する「場」として、2000年に開始しました。20,000店の出店者の成功事例や課題を蓄積し、体系的にまとめ共有するため、出店者が自己解決するための解決策を提供しています。また講座を通じ、出店者同士がコミュニケーションを深められる「場」になっています。最近の活動では、全出店者にノウハウを提供するエンパワーメントブック「楽天市場ドリーム」(月1回発行)の創刊のほか、ITの原点であるシリコンバレーの会社や大学を出店者と共に訪問する“原点回帰への旅”「SOY TRIP」を実現しています。加えて2007年1月に講座内容を刷新しました。

【出店数推移表】
 http://www.rakuten.co.jp/pr/2007/0626/release_0626_01.gif
このページの先頭へ