トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2007年2月28日
楽天株式会社

国内最大のインターネット総合旅行サイト
「楽天トラベル」のAPIを公開
約21,500軒の宿泊施設情報が取得可能に

http://webservice.rakuten.co.jp/
 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、2月28日からインターネット総合旅行サイト「楽天トラベル」関連のAPI(アプリケーション・プログラム・インタフェース)の一般公開を開始しました。
 楽天では既に、本年1月17日から「楽天ウェブサービス」のサービス名で主に「楽天市場」のAPIを公開していますが、今回はトラベル関連API公開の第一弾として、宿泊施設情報、空室検索、地区コードの3つのAPIを公開します。なかでも空室状況がリアルタイムで取得可能な『空室検索API』は他社で例がなく、「楽天トラベル」唯一のサービスとなります。

 3つのAPIの提供により、外部の企業や個人ユーザーが「楽天トラベル」の宿泊施設情報を取得し、独自のウェブサイトを構築できるようになります。また、第二弾として『キーワード検索API』や『施設検索API』などの公開も予定しています。
 楽天はこうした独自サイトを通じて、「楽天トラベル」へのアクセス増大、流通の拡大を見込んでいます。

■「楽天ウェブサービス」サイトURL http://webservice.rakuten.co.jp/   
■「楽天トラベル」サイトURL    http://travel.rakuten.co.jp/
 
■提供API
1.楽天トラベル施設情報API
登録宿泊施設約21,500軒の詳細情報が取得可能です。

2.楽天トラベル空室検索API
  登録宿泊施設約21,500軒の空室状況がリアルタイムで取得可能です。

3.楽天トラベル地区コードAPI
  楽天トラベルで提供している地区コードを取得可能です。

■「楽天トラベル」関連APIを活用したサービスを提供予定の企業
・株式会社関心空間
(本社:東京都渋谷区、代表取締役:前田邦宏、URL:http://www.kanshin.com
・株式会社はてな
(本社:東京都渋谷区、代表取締役:近藤淳也、URL:http://www.hatena.ne.jp
このページの先頭へ