トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2006年10月4日
楽天株式会社
みんなの就職株式会社

みんなの就職、「2006年度版 先輩が薦める企業ランキング」を発表
満足度向上の鍵は“いつわりなきオープンな姿勢”と“親身さ”
『三幸グループ』、『アクセンチュアグループ』が満足度トップ

 楽天グループのみんなの就職株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤 将雄)が運営する日本最大級のクチコミ就職サイト「みんなの就職活動日記」は、就職活動を経験した2007年度入社予定の学生33万人を対象とした企業の採用活動満足度調査の結果を基に、「先輩が薦める企業ランキング」発表いたします。

 「みんなの就職活動日記」は、全登録者数141万人、企業別掲示板数約18,400件(2006年9月末現在)の、日本最大級のクチコミ就職サイトです。現役大学生による就職情報交換掲示板を中心に、企業比較や内定者による合格体験記、先輩社員からのアドバイスなど、就職活動にまつわる様々なサービスを提供しています。
 今回のランキングは、「志望度/成長性/情報公開度/仕事内容/待遇・福利厚生/人事・教育制度/エントリーシート・筆記試験/面接/社員の印象」の9項目について、それぞれ4段階で調査しました。一般的な就職人気企業ランキングと比べ母集団も圧倒的に多く、企業の採用内容がよりダイレクトに反映された結果となっています。
□■ 先輩が薦める企業   採用活動満足度ランキングTOP100 ■□
http://www.nikki.ne.jp/event/senpairank/
【満足度が高い企業の採用活動の特徴】
・社内見学を実施し、実際に働いている人を生で見せている。
・面接官(特に現場の方)と学生との面接時間を1時間程度の長時間として、一方的ではなく質問をしやすい環境を提供している。
・昨秋から年初にかけて自社セミナー(業界解説含む)を開催し、学生の就職活動に役立つと考えられる内容、働くイメージがもてるようなセミナーを実施している。
・面接のフィードバックを毎回実施し、学生を全面的にサポートしている。
・自社の新卒の意見(声)を取り入れた選考を実施している。
【昨年との比較】
・3年連続でサービス業の企業(今年は100位内29社)が最多ランクインとなっている。
・昨年、ランクイン企業が一気に増えた「金融」業(昨年は100位内21社)は、今年もさらに増えており学生の満足度をあげるための仕組みを積極的に取り入れていることがわかる。(今年は100位内23社)
・「電機・機械=メーカー」業も昨年(100位内15社)と比較してみると、今年は100位内で18社がランクインしており、徐々にではあるが人気が復活していることがうかがえる。
・昨年最多ランクイン(昨年は100位内22社)だった「情報通信」業が順位を落としている(今年100位内15社)。学生からの人気が低迷気味であり、さらに他業界の取り組みが積極的であったため、それらの影響を受けているとみられる。
【一般の就職人気企業ランキングとの比較】
・調査対象が就職活動を経験した学生であるため、単なる人気・ブランド認知の高低ではなく、採用活動における「満足度」が高い企業が上位にランクインしている。
・「就職人気企業ランキング」上位の企業で、今回の採用満足度調査にランクインしている企業は数社にとどまり、就職活動前の人気度と、就職活動を経験した後の満足度とは大きな乖離があることがわかる。

【調査概要】
・集計期間:2005年10月1日から2006年7月31日              
・母集団:「みんなの就職活動日記」に登録している2007年卒業予定者33万人
・有効回答数:約47,000件
・算出方法:各項目の平均点(4点満点)を25倍し、100点満点換算とし算出
このページの先頭へ