トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2006年8月8日
楽天株式会社
東映アニメーション株式会社

楽天、東映アニメーションと提携
国内初のアニメ「ダウンロード型配信サービス」をスタート

http://dl.rakuten.co.jp/shop/rt/anime/
 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、東映アニメーション株式会社(本社:東京都練馬区、代表取締役社長: 高橋 浩、以下 東映アニメ)と提携し、本日8月8日から「楽天ダウンロード」内にて開始する、国内初のアニメ「ダウンロード型配信サービス」の作品第一弾として、東映アニメが提供する「東映アニメBBプレミアム」の合計約2,000エピソードを配信することで合意しました。
 これにより同サービスでは、世界有数のライブラリーとしてその作品数を誇る東映アニメの作品が順次配信されることになります。

 今回配信する作品は、同社の主力タイトルである「スラムダンク」や「北斗の拳」、「銀河鉄道999」、「おジャ魔女どれみ」などのTVシリーズをメインとした合計約2,000エピソードとなります。価格は1エピソード、視聴可能期間1週間で、TVシリーズが105円(税込み)となるほか、お買い得なパック料金も設定予定です。

 このたびの提携は、インターネット上の映像流通を、TVやDVDに次ぐ第三の映像マーケットとして成長させるとともに、単なるサイトの集客手段ではなく、作品としてアニメーションがインターネット上においても適正な対価を得られる環境を育てたい、との両社の戦略が一致したことにより実現しました。

 また、アニメ「ダウンロード型配信サービス」は、「楽天ダウンロード」が国内初のサービスとして提供するもので、楽天と映像ダウンロード配信事業を専業とする株式会社ビデックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小野達也 以下ビデックス)(※1)との提携により実現しました。

 今後も楽天は、映像文化史に残すべき良質の作品を広く社会に提供し続けることがインターネット事業者としての責務と考え、アニメ「ダウンロード型配信サービス」事業に注力するとともに、プロモーションを積極的に進め、「ダウンロード型配信サービス」普及に努めてまいります。

 アニメ「ダウンロード型配信サービス」概要は以下の通りです。
□■ アニメ「ダウンロード型配信サービス」概要 ■□
◆サービス概要:
 「楽天ダウンロード」(URL : http://dl.rakuten.co.jp/ )が運営する、アニメーション映像の配信サービスです。
 決済完了後に、視聴可能期間と視聴可能デバイス(PC)を限定するライセンスを発行。暗号化された映像データをPCにダウンロードし、指定期間、指定デバイス上で視聴します。

◆サービス開始日:2006年8月8日(火)

◆価格帯:105円(TVシリーズ)(税込み)/1エピソード、1週間

◆東映アニメ取り扱い作品:
「スラムダンク」や「北斗の拳」、「銀河鉄道999」など合計約2,000エピソード

◆その他:
 アニメ映像の暗号化はマイクロソフト社のWindowsMedia9を、また著作権管理システムはWindowsDRM10を使用しています。さらに、画像解像度はDVD並みの2Mbpsから5Mbpsを使用することで、高画質の実現と、不正コピーに対する万全の対策をしています。

※「株式会社ビデックス」(URL : http://www.videx.co.jp/
 2004年2月設立のハイビジョン動画のダウンロード型配信サービスを行う専業会社。ハイビジョン映像の大容量ファイルを配信するための分散型配信システム、著作権管理システム、高画質エンコードシステム等の各種プラットフォームを提供すると同時に、高画質動画の映像コンテンツアグリゲーション事業も行っています。
このページの先頭へ