トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2006年7月4日
楽天株式会社

『Infoseek ハイブリッド検索』
保存フィルタリング機能付き「検索履歴」サービス開始
過去最大1,000件までのキーワード、URLが保存可能に

http://www.infoseek.co.jp/
 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)のポータル・メディア事業カンパニー(カンパニー社長:吉田 敬)が運営するインターネット総合ポータルサイトの『インフォシーク』は、「Infoseek ハイブリッド検索」のバージョンアップとして、検索履歴保存機能の提供を開始いたしました。

 「Infoseek ハイブリッド検索」は、通常の検索結果に加え、キーワードに関連した情報を同時に表示する検索サービスで、2005年3月のリリース以来、順調にアクセス数を伸ばしてきました。
 今回提供を開始した検索履歴保存機能は、「Infoseek ハイブリッド検索」での検索キーワード及び、検索結果から閲覧されたサイトURL(最大1,000件)を保存するものです。過去にどのようなキーワードを何回検索したかという情報に加え、検索を通してどのようなサイトを閲覧したかを把握することが可能となります。
 さらに、本機能にはポータルサイト初の機能として、ユーザーが特定のキーワードを指定して検索した場合に、キーワード、URL共に保存しないという自動保存解除設定機能も実装しています。
※なお、検索履歴保存機能については特許出願中です。

 「Infoseek ハイブリッド検索」では、今後も利便性の高いサービスの充実をはかることで、よりユーザーニーズに合ったサービスの提供を目指してまいります。
□■「Infoseek ハイブリッド検索」履歴保存機能 概要 ■□
■保存方法(検索キーワード/閲覧サイト)
 閲覧を行なった検索キーワード、サイトURLをすべて保存します。
・ログイン済の場合:保存可能キーワード1,000件/保存可能URL 1,000件
・未ログインの場合:保存可能キーワード100件/保存可能URL 100件 
 ※未ログインユーザーの場合、「検索履歴を保存する」設定を行う必要があります。
■特定サイト 自動保存解除設定
 ユーザーが特定のキーワードを指定しておくことで、指定したキーワードを検索した場合でもキーワード、サイトURL共に保存しないという設定が可能です。
■サイト評価設定
 サイトURLごとに「オススメ度」など独自に評価項目を設定し、5段階で表示することができます。
■アクセス回数表示
 保存しているサイトURLに過去に何度アクセスしているかを表示します。
■履歴保存機能 イメージ画像
http://www.rakuten.co.jp/pr/2006/0629/release0629.gif
 ※上記ページの項目説明は以下のとおりです。

1.検索ボックス  … 検索履歴として保存されているサイトを検索できます。
2.すべての検索履歴…保存されているすべての検索履歴を確認できます。
3.検索履歴の設定 …検索履歴の設定を行います。保存制御設定が可能です。
4.ログイン    …ログインすると、キーワード及びサイトURL共に1,000件まで保存可能です。
5.左ナビゲーション…カレンダー、最近検索したワード、保存したサイト、ブックマーク登録ボックスを表示します。
6.サイト一覧 …保存されている「サイト情報」を新しい日付順に確認できます。
このページの先頭へ