トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2006年3月23日
楽天株式会社
ポータル・メディア事業カンパニー

ソーシャル・ネットワーキング・サービス「楽天広場リンクス」を開始
楽天グループのプライベートポータル化に向け本格始動OEM提供も同時展開、
第一弾は「みんなの就職活動日記」

 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)のポータル・メディア事業カンパニー(カンパニー社長:吉田 敬)が運営する日本最大級の総合コミュニティサイト「楽天広場」は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下 SNS)機能を装備した「楽天広場リンクス」を3月27日より提供開始いたします。

 今回提供を開始する「楽天広場リンクス」は、55万人(2006年3月現在)のユーザを抱える「楽天広場」と連動する、新たなソーシャル・ネットワーキング・サービスです。開始当初は「楽天広場ブログ」のヘビーユーザを限定招待し、以降、招待制による相互承認型の友人関係プラットフォームを提供します。
 このSNS対応によって、ユーザは友人と簡単に情報交換や交流が可能になります。また、情報の開示レベルを選択して公開することができるため、より安心してご利用いただけるようになります。 さらに、「友人にメッセージを送る」、「グループ設定」、「一言コメント」などの各種機能を実装することで、ユーザ間のコミュニケーション活性化を支援します。
 なお、これらSNS機能を他サービスにOEM提供する仕組みを設けます。4月にはその第一弾として、楽天グループのクチコミ就職情報サイトである「みんなの就職活動日記」のユーザを対象にしたSNS機能の提供を予定しています。

 昨今、ブログ利用者数は急速に増加し、2007年3月末には約782万人(総務省2005年5月発表資料より)に達すると予想されており、今後さらに個人による情報発信が進んでいくことで、ブログ利用者間での限られたコミュニティへのニーズが高まっていくと考えられます。
 このような状況の中、「楽天広場」では今回の「楽天広場リンクス」を軸とし、ユーザ間の連携、ならびに様々なサービスとの連携を強化することより、楽天グループのプライベートポータル化の実現を目指してまいります。
□■「楽天広場リンクス」概要 ■□
【URL】http://my.plaza.rakuten.co.jp/sns/ (27日よりご覧いただけます。)
■対象ユーザ(初期限定ユーザ)
--------------------------------
・「楽天広場ブログ」で「日記リンク」機能を活用しているユーザの中から人数を限定し、初期ユーザの招待を行います。その後は初期ユーザによる招待制となります。
・「みんなのキャンパス コミュニティ(みんなの就職OEM版SNS)」においては、先着300名の自主登録となります。それ以降のユーザ登録については、登録済みユーザからの招待が必要となります。

■相互承認型の友人関係プラットフォームを構築
---------------------------------------------
・安心感のある招待制を導入します。
・「友人」とした人物の情報(誕生日、氏名、趣味等)を簡単に閲覧することができます。
・「友人」とした人物の紹介文を書くことができます。
・「友人」とした人物のブログ更新情報を簡単に確認できます。
・「友人」とした人物のアップロードした公開フォトを、まとめて閲覧できます。
・メッセージの送受信が、簡単に行えます。また、未読・既読・返信済のステータスを管理することもできます。

■自分の個人情報の開示レベルを選択可能
---------------------------------------
・「友人」をグルーピングし、グループを選択して自分の個人情報の開示レベルを選択することができます。(本名は“同僚グループ”にのみ公開、など)
・公開レベルに応じて閲覧用画面の表示が変わります。

※イメージ画像
/pr/2006/0323/release0323.jpg

■他サービスへのOEM提供
--------------------------
・OEM先のサービスに応じたヘッダーやフッター等、画面デザインを出し分けることができます。
・OEM先のサービス利用者に応じた、OEM独自のコンテンツを配信することができます。
【 参考1 】SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは
 参加者が互いに友人を紹介しあって、新たな友人関係を広げることを目的に開設されたコミュニティ型のWEBサイト。友人間でのメッセージのやりとりや、友人に限った日記などのプライベート情報の公開、同じ興味を持つ人たちで構成されたコミュニティ内での情報共有などに利用されている。
【 参考2 】「楽天広場」の歴史
2001年 8月 日記コミュニティサイトとして一般ユーザ向けに「楽天広場」開始
2002年10月 RSSの配信を開始
2003年 8月 購入履歴サービス開始
2004年 1月 初の「楽天広場 オブ ザ イヤー2003」受賞サイトを発表
2004年 5月 トラックバック機能を実装
2004年 8月 高機能なサイト編集機能を追加
2004年10月 ユーザ数が30万人を突破
2005年 3月 画像を回転・拡大ほか、簡単画像編集機能を追加
2005年 5月 サイドバーに「Infoseek マネー」の株価チャート表示機能を開始
2005年 6月 ブログサーチを正式リリース
サイドバーに「Infoseek ハイブリッド検索」サーチボックス表示機能を追加
2005年 7月 サイドバーに「Girls plus」の占いコンテンツ表示機能を追加サイドバーに「Infoseek ニュース」トピックス表示機能を追加
2005年10月 フォトアルバム機能を追加本格的なモブログ対応開始
2005年11月 動画投稿機能を追加
2005年12月 新サービス「楽天広場フォト」を開始し、ブログサービスは「楽天広場ブログ」へ「楽天広場」は総合コミュニティサービスへと一新「楽天広場ブログ」ユーザ数が50万人を突破
2006年 1月 「楽天広場ブログ」モブログ動画閲覧機能を追加
2006年 3月 「楽天広場ブログ」絵文字投稿機能を追加新サービス「楽天広場リンクス」を開始
このページの先頭へ