トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2006年3月14日
楽天株式会社

楽天 紙媒体とインターネットのメディア融合を本格始動
20代後半からの女性に贈るライフスタイル実践型フリーペーパー
「楽天マガジン」3月15日創刊

http://mag.rakuten.co.jp/
 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、紙媒体とインターネットによる新たなマーケティングメディアとして、20代後半からの女性に向けたライフスタイル実践型フリーペーパー「楽天MAGAZINE(以下、楽天マガジン)」を3月15日に創刊いたします。

 楽天グループでは、楽天会員を始めとする3,247万人(2005年12月末現在)のグループ会員データベースを重点におき、ポイントプログラムを活用した、グループ内のクロスセル(※グループ間の横断的利用)によるオンライン上のマーケティングを主に行っています。
 この度の「楽天マガジン」は、紙媒体とインターネットのメディアミックスによる、楽天グループの新たなマーケティングメディアとして、インターネット未経験者への認知拡大と新規ユーザ獲得を目的として創刊に至りました。

 「楽天マガジン」は、情報に敏感でお買い物にもアクティブな20代後半の働く女性に向けて、「女性のハッピー」をテーマに、ファッション、美容、グルメ情報などを通して実践的なライフスタイルを提案します。内容は、視覚で楽しませる全ページフルカラーによるファッション誌としての構成、情報誌並みの52ページに亘る充実した情報量、更に全掲載商品がパソコンとモバイルから簡単に購入・予約可能な利便性といった、『ファッション誌』『情報誌』『通販誌』の3要素を兼ね備えた過去にないフリーペーパーに仕上げました。
 更に、「楽天市場」上には、フリーペーパー「楽天マガジン」と完全連動するウェブ版「楽天マガジン」を展開します。フリーペーパーのページをめくるような感覚で読み進められる電子ブック(※電子出版物)のビジュアル的な分かりやすさと、ワンクリックで商品へ到達できる簡便さを兼ね備えた構造となっています。

 楽天は、「楽天マガジン」を契機として、今後もインターネットと他メディアの特性を活かし、インターネット未経験者のインターネットに対する意識改革と参加のハードルを低くすることにより、世の中のインターネット利用促進に努めてまいります。

 「楽天マガジン」の概要は以下の通りです。
□■ フリーペーパー『楽天MAGAZINE』(楽天マガジン)概要 ■□
【雑 誌 名】『楽天MAGAZINE』(楽天マガジン)
【創 刊 日】2006年3月15日
【刊行形態】季刊発行(3月、6月、9月、12月を予定)
【発 行】楽天株式会社
【編 集】楽天株式会社・マガジンハウス株式会社
【配布方法】全国3,000箇所で無料設置配布(書店・コンビニエンスストア・駅等中心)
【版 型】A4、中とじ
【頁 数】52頁
【発行部数】30万部
【内 容】『働く女性のためのライフスタイル実践型フリーペーパー』
28歳から38歳の働く女性をターゲットに、ファッションや美容、グルメのお取り寄せなどを記事として取り上げ、ライフスタイルの実践までを提案するフリーペーパーです。ファッション誌のように編集をほどこした誌面、情報誌並みの充実した内容、パソコンとモバイルから全商品へ簡単なアクセスといった、今までにない『ファッション誌』『情報誌』『通販誌』の3要素を兼ね備えています。
【U R L】(パソコン)http://mag.rakuten.co.jp/  
     (モバイル)1450@jmpm.jp
(※空メールを送っていただくと折り返しURLが返信されます。)
このページの先頭へ