トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2005年12月14日
楽天株式会社

楽天 Youth Age 向けショッピングコンテンツ「楽天市場girls」を開設
“「自分スタイル」をアレンジする10代の女性へ”

 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、インターネットショッピングモール「楽天市場」内に、人とは違う「自分スタイル」をアレンジする15歳から19歳(以下、Youth Age)の女性を対象にしたショッピングサイト「楽天市場girls」を本日開設いたしました。

 「楽天市場」では、「誰もがお買い物を楽しめる場」(Shopping is Entertainment!)をモットーに、様々な世代、ニーズの方に向けた専門サイトを拡充しています。
 総務省の発表によると、情報通信機器の利用状況のうち、13歳から19歳のインターネット利用率は90.7%を占め、この世代の殆どが、ブログをはじめとするインターネット利用が活発であるとの報告があります(出典:総務省『平成16年「通信利用動向調査」』)。また、楽天独自で調査した「楽天市場15歳から19歳のファッションに関する意識調査」(以下、「楽天市場意識調査」)(※)によると、購買チャネルは、デパート、ネット販売、路面店となり、ネット販売が2番目に多いという結果になりました。それに対し、10代向けのネットによるショッピングコンテンツは数が少ないのが現状です。

 「楽天市場girls」は、このようなYouth Ageのネット利用の高まりと現状を背景に、優れた情報収集能力を持つYouth Ageの方々に、ファッションを通じ新たな自己表現を提案するコンテンツの第一弾として誕生しました。なお、YouthAgeの 男性を対象にしたサイトも今後、開設予定です。

 楽天では、「楽天市場girls」の開設にあたり、「楽天市場意識調査」やグループインタビューを行いました。その結果、「人と同じファッションは嫌だ」「ファッションを自分で表現することが楽しい」「気に入った商品を探すためなら、苦労はいとわない」「自由に使えるお金は高校生が3,000円台、大学生が10,000円台」などの様々な声をいただきました。そのような声を、スタイリストによるトータルコーディネイト提案のほか、簡便な商品検索が可能となるインターフェイスの設定、300円から10,000円台というプチプライス(低価格)での商品提供などに反映しております。

 楽天は、ファッションを通じYouth Ageの個性を伸ばしながら、楽しんでいただけるサービスを今後も提案してまいります。
■□■Youth Age向けショッピングサイト「楽天市場girls」概要■□■
■開設:2005年12月14日(水)17時スタート(常設コーナー)
■URL :(PC版) http://event.rakuten.co.jp/teen/girls/     
    (ケータイ版) http://m.rakuten.co.jp/ev/hot/teens/ (サービス開始時より掲載)
■コンセプト:“「自分スタイル」をアレンジする10代の女性へ”
■商品紹介 :洋服、靴、バッグ、ジュエリー、アクセサリーなど50品のほか、書籍、マンガ、CD、DVDを紹介します。(商品は月一更新)
【1】コーディネイト提案 「葛西幸菜ちゃんのカジュアルスタイル」
 10代のモデルによるトータルコーディネイト提案をするコーナーです。モデル着用商品が、そのまま買えるほか、似た商品を探すこともできるので、自分らしさを加えながら、コーディネイトのお手本として活用いただけます。
【2】ファッション特集 「プチプライス♪ヘビロテボトム特集」
“プチプライス”(=低価格)で“ヘビロテ”(=ヘビーローテーション)ボトムとして、着まわし自在なパンツやスカートを紹介します。例えば人気の「ベロアミニスカート」が税込1,995円で登場するなど、いずれもお求めやすい価格となっています。
【3】アクセ・小物・ビューティー特集 「欲しい!が止まらない自分買いアクセサリー」
 ジルコニア・シューティングスターリングを税込1,980円(定価3,980円)やダイヤモンドピアスを税込1,980円(定価6,800円)で提供するなど、お求めやすい価格で商品を豊富に取り揃えました。ハートピアス(税込315円)は、まとめ買いしたくなるほどのバリエーションです。
(※)「楽天市場15歳から19歳のファッションに関する意識調査」 
【調査概要】
◆期間:2005年10月28日から31日実施
◆対象:15から19歳女子学生、300名
◆調査方法:WEBアンケートによる調査
<こだわり度>
(1)「気に入った洋服やアクセサリー/ジュエリーを探すためなら、苦労をいとわない」
当てはまる       21.3 %
やや当てはまる     32.9 %
どちらともいえない   22.3 %
あまり当てはまらない  17.7 %
まったく当てはまらない  5.8 %

(2)「気に入ったブランドを長いこと買い続けたい」
当てはまる       18.4 %
やや当てはまる     34.8 %
どちらともいえない   21.3 %
あまり当てはまらない  13.9 %
まったく当てはまらない 11.6 %


<流行に乗り遅れたくない度>
(1)「周りから浮く格好はしたくない」
当てはまる       26.5 %
やや当てはまる     32.3 %
どちらともいえない   21.6 %
あまり当てはまらない  12.6 %
まったく当てはまらない  7.1 %


<他人への影響度>
(1)「自分のファッションについて、友人からほめられたり話題にされたりした
い」
当てはまる       24.2 %
やや当てはまる     31.0 %
どちらともいえない   26.8 %
あまり当てはまらない  12.3 %
まったく当てはまらない  5.8 %


<自己表現度>
(1)「人と同じファッションはいやだ」
当てはまる       24.5 %
やや当てはまる     27.7 %
どちらともいえない   30.3 %
あまり当てはまらない  12.3 %
まったく当てはまらない  5.2 %

(2)「ファッションで自分を表現するのが楽しい」
当てはまる       20.6 %
やや当てはまる     35.5 %
どちらともいえない   26.5 %
あまり当てはまらない  11.6 %
まったく当てはまらない  5.8 %


<異性意識度>
(1)「好きな男性にかわいいと言われる格好をしたい」
当てはまる       27.4 %
やや当てはまる     33.2 %
どちらともいえない   19.4 %
あまり当てはまらない  11.6 %
まったく当てはまらない  8.4 %


<機能性意識度>
(1)「冬は暖かさ重視、夏は涼しさ重視で服を選びたい」
当てはまる       23.9 %
やや当てはまる     39.0 %
どちらともいえない   25.5 %
あまり当てはまらない   9.4 %
まったく当てはまらない  2.3 %

(2)「洋服やアクセサリは着心地やつけ心地といった快適さを重視して選びたい」
当てはまる       24.5 %
やや当てはまる     39.0 %
どちらともいえない   26.5 %
あまり当てはまらない   8.1 %
まったく当てはまらない  1.9 %
このページの先頭へ