トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2005年9月6日
楽天株式会社

LinkShare Corporation の子会社化ならびに海外進出に関するお知らせ
 当社は、本日開催の臨時取締役会におきまして、当社米国子会社を通じ、LinkShare Corporation(本社:米国、ニューヨーク)の株式を譲受け完全子会社とすることを決議し、海外進出することといたしましたので、お知らせいたします。

1.子会社となる会社の概要
(1)商号     LinkShare Corporation
(2)所在地    215 Park Avenue South, 8th Floor New York, NY10003
(3)代表者の氏名 Chairman & CEO Stephen D. Messer
(4)設立年月日  平成8年7月
(5)事業の内容  アフィリエイト・マーケティング・サービスの提供
(6)決算期    6月30日
(7)資本の額   27百万USドル(平成16年6月30日現在)
(8)売上高    32百万USドル(平成16年6月期実績)
(9)営業利益   10百万ドル (平成16年6月期実績)
2.異動の内容及びその年月日
(1)内容 
 創業者を含む既存株主より27,635千株(発行済株式総数の100%)を取得い たします。
(2)異動年月日
 譲渡契約締結日(本日)より4週間から6週間後(予定)
3.異動の前後における当社の所有に係る子会社の議決権の数及び議決権の総数に対する割合
(1)当社所有議決権数  【異動前】 0個      【異動後】 27,635千個
(当社所有株式数      【異動前】 0株       【異動後】 27,635千株)

(2)議決権の総数      【異動前】 27,635千個 【異動後】 27,635千個
(発行済株式数         【異動前】 27,635千株 【異動後】 27,635千株)

(3)議決権の総数に対する割合 【異動前】 0%  【異動後】 100%
(発行済株式数に対する割合   【異動前】 0%  【異動後】 100%)
4.譲受金額
425百万USドル
5.異動の目的
 当社グループは総合インターネットサービス企業グループとして、EC事業、ポータル・メディア事業、トラベル事業、金融事業及びプロスポーツ事業を展開し、さらなるサービスの向上・多角化を図るべく新規事業の開発及び取扱分野の拡大に注力しております。
 これまで、主力サービスのブランドの統合や当社グループ内のサービスを跨いだ会員データベースの統合などを通じ、グループ間のシナジーを高める施策に注力して参りましたが、今後日本国内のみならず積極的に海外展開を進めることを志向し、その第一弾としてLinkShare Corporation(以下LinkShare)を完全子会社化いたしました。
 LinkShare はオンライン事業者のマーケティング支援を目的として平成8年に設立された、アフィリエイト(注1)で世界最大規模の企業であり、同社が特許を持つアフィリエイト技術や広範なアフィリエイトネットワークなどを通じ、大手企業をはじめとする幅広い顧客を有しております。また日本国内においては、三井物産株式会社とのパートナーシップのもと平成13年3月からサービスを開始、平成17年1月には三井物産株式会社との合弁会社であるリンクシェア・ジャパン株式会社を設立しております。
 同社の持つFortune 500企業に代表される大手企業を中心とした顧客ベースとアフィリエイト関連技術を生かしつつ、今後は楽天グループが持つ技術力や人的リソースも活用しながら同社の事業を積極的に拡大していくとともに、LinkShareをベースとして新たな買収を通じた事業取得や楽天グループ独自の新規事業展開などを行い、同社を海外事業の成長の核として参ります。
  
(注1)Webサイトやメールマガジンに企業サイトへのリンクを張り、ユーザがそこを経由して商品を購入すると、サイトやメールマガジンの管理者に報酬が支払われるシステム。
6.今後の業績に与える影響
 当社では、インターネット業界の歴史が浅いこと及び環境の変化が激しいことなどの理由により従前より業績見通しを発表しておりません。
 なお同社の連結については、本契約締結日(本日)より4週間から6週間後に予定されている異動日以降の四半期より開始することとしております。
このページの先頭へ