トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2004年8月18日
楽天トラベル株式会社
楽天株式会社

「旅の窓口」と「楽天トラベル」をサイト統合
新たに「楽天トラベル」としてスタート
総合旅行サイト化へ向け、海外航空券販売事業へ参入

 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史)の100%子会社である楽天トラベル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田善久)は、2004年9月14日より「旅の窓口」と「楽天トラベル」を統合し、新たに「楽天トラベル」として運営していくことを決定いたしましたのでお知らせします。

 「旅の窓口」では2003年9月に楽天グループに参画後、それまで注力していたビジネスマンの出張需要に加えて、レジャー関連のサービスについても力を入れてサービス展開をしてまいりました。一方「楽天トラベル」はサービス提供開始当初より、主にレジャーを対象としたサービス拡充に注力し運営してまいりました。楽天トラベル株式会社では、予てより進めていた両サイトのレジャー部門の強化に関するスピードを上げ、あらゆる旅行ニーズに応えることができる総合的な旅行サイト化を推進するため、このたび「旅の窓口」と「楽天トラベル」を統合し、総合旅行サイト「楽天トラベル」として運営することとなりました。

 さらに総合旅行サイト化への第一弾として、新たに海外航空券の取扱い事業へ参入いたします。航空券予約の分野はインターネットとの親和性が非常に高く、国内外を問わず今後とも高い成長性を見込めることから、楽天トラベル株式会社では、以前より参入の機会を検討してまいりました。今回、海外航空券のホールセラーで業界大手のワールドトラベルシステム株式会社(※参考資料1参照 以下、WTS社)と業務提携することにより、本年11月を目処に、「楽天トラベル」上から海外航空券の予約・販売を行えるようにするなど、本格的な航空券事業の展開を図ってまいります。これに伴い、100%親会社である楽天株式会社はWTS社へ一部出資を決定いたしました。
 今後は、新サイトのブランド名を「楽天トラベル」とし「楽天」ブランドを前面に出していくことで、既にサービスを開始している楽天スーパーポイントの付与など、楽天グループの提供する各種サービスとの連携を図り、より一層ユーザの利便性を高め更なるサービスの向上と拡大を図ってまいります。

■その他の詳細については、以下URLをご覧下さい
 /pr/2004/0818/ir.gif
このページの先頭へ