トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2004年8月3日
楽天株式会社

「楽天スーパーポイント」
三井住友カードとポイント交換サービス提携へ

 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:栗山 道義、以下 三井住友カード)とポイント交換サービスを8月2日より実施することに合意いたしました。

 ‘02年11月に導入した「楽天スーパーポイント」(※)は、「楽天市場」「楽天フリマ」での商品購入や「楽天トラベル」での宿泊予約など、楽天グループの各種サービスで貯めて、「楽天市場」でのお買い物時に利用できるポイントサービスです。楽天は、高い利便性を有する同サービスを更に魅力あるものにするために、利用範囲の拡大や外部との提携を進めてまいりました。この度の三井住友カードとの提携は、「楽天スーパーポイント」自体の魅力を高めるとともに、三井住友カードをはじめとするVISAジャパングループ各社の会員に対し、楽天の認知ならびにご利用拡大につながるものと考えております。
 また三井住友カードは、「楽天スーパーポイント」の交換が可能になることで「楽天市場」約350万点の商品よりお好きな商品購入時にご利用いただけるため、同社のカードポイントの魅力を更に高めることになります。
 楽天と三井住友カードは、今回のポイント交換サービスの提携に留まらず、今後は共同プロモーションやキャンペーンの実施も視野に入れ、積極的に連携を図っていきたいと考えております。また楽天は、ポイントプログラムを持つ企業との更なる連携を広げることで、今後も楽天のユーザ層と集客力の拡大、流通総額の向上を目指してまいります。 
三井住友カード株式会社のポイントプログラム交換サービス概要
・三井住友カードポイントプログラム名称:「ワールドプレゼント」
・三井住友カードURL:http://www.smbc-card.com
・ポイント交換サービス開始:2004年8月2日(月)
・ポイント交換比率:1ワールドプレゼントポイント=5楽天スーパーポイント
・最低交換ポイント数:200ワールドプレゼントポイント以上

【外部ポイント交換による「楽天スーパーポイント」利用イメージ図】
 /pr/2004/0803/01.jpg
(注)「ワールドプレゼント」とは:
 三井住友カード会員向けポイントサービス。原則、カード買物利用1,000円につき1ポイント貯まり、貯まったポイントは累積数に応じて、ご希望の景品やギフトカードなどと交換が可能。VISAジャパングループ各社の会員もワールドプレゼントの利用が可能。(一部ワールドプレゼントを実施していない加盟会社・カードもあります。)
「楽天スーパーポイント」の変遷
2002年11月
 「楽天スーパーポイント」付与開始(ポイントによる賞品応募が可能に)
2003年5月
 「楽天市場」での商品購入時に代金の一部としてポイントの充当が可能に
2003年7月
 外部企業とのポイント交換サービス・第1弾を発表
 (DCカード 7/17から、オリコカード 9/16から、 UFJカード12/1から)
2003年9月
 外部企業とのポイント交換サービス・第2弾を発表(JCBカード10/1から)
2003年12月
 「ケータイ版楽天市場」での商品購入時にも、代金の一部としてポイントの充当が可能に
2004年2月
 NTTコミュニケーションズとポイント交換サービスを開始
2004年2月
 DLJdirectSFG証券株式会社(現、楽天証券株式会社)とポイント交換サービスを開始
2004年7月
 「楽天ダウンロード」の商品購入時にも、代金の一部としてポイントの充当が可能に
※「楽天スーパーポイント」(URL: http://point.rakuten.co.jp/
 楽天会員(登録無料)が、「楽天市場」でのお買い物や各種サービスを利用した際の金額に応じて付与され、「楽天市場」でのお買い物時に、支払手段としての利用(1ポイント=1円)や賞品応募が可能。’03年12月からは「ケータイ版楽天市場」からのお買い物に、また’04年7月からは「楽天ダウンロード」の商品購入時にもポイント利用が可能に。
このページの先頭へ