トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2004年6月17日
楽天株式会社
楽天トラベル株式会社
マイトリップ・ネット株式会社

100%子会社 楽天トラベルとマイトリップ・ネットの合併について
 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史 以下、楽天グループ)の100%子会社である楽天トラベル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡武公士)と同じく100%子会社のマイトリップ・ネット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田善久)の2社は、平成16年8月1日をもって合併することといたしましたのでお知らせいたします。

 トラベル事業はインターネットとの親和性が高く、今後ますます市場が広がっていく事業であることが予想されることから、楽天グループの一事業部であったトラベル部門を平成14年8月に楽天トラベル株式会社として独立させ、インターネット宿泊予約サイト「楽天トラベル」を運営してまいりました。また、平成15年9月には、国内最大のインターネット宿泊予約サイト「旅の窓口」を運営するマイトリップ・ネット株式会社も株式買収により楽天グループの完全子会社となっております。
 両社はともに、楽天グループのトラベル・エンターテイメント事業カンパニーに属しており、「楽天トラベル」・「旅の窓口」両サイト合計で、国内登録宿泊施設数は13,527施設(平成16年3月末現在、重複除く)、平成16年3月の月間宿泊予約数は約131万件となるなど、国内最大の宿泊予約サイトとなっております。

 楽天グループでは、極めて近い事業形態を持つ両社の統合については継続的に検討してまいりましたが、会員IDなどのグループ共通のプラットフォーム整備を推進していくなかで、組織的に一体化することによる意思決定の迅速化、経営資源の効率的な活用を目的として、この度、両社を合併することといたしました。

 今後も楽天グループでは、インターネットショッピングモール「楽天市場」をはじめとして、インターネットサービスの強化および多角化を促進するとともに、経営の効率化と経営基盤のさらなる強化を図り、ユーザの皆様により良いサービスが提供できる総合インターネットサービス企業を目指してまいります。
■その他の詳細については、以下URLをご覧下さい
 /pr/2004/0617/ir.gif
このページの先頭へ