トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2004年5月25日
楽天ブックス株式会社
楽天株式会社

楽天ブックスが「千夜千冊@楽天」を開設
「千夜千冊」のラスト20冊を「楽天広場」でカウントダウン!

 楽天ブックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:杉原 章郎、以下 楽天ブックス)が運営する、インターネット書籍販売サイト「楽天ブックス」(※1)は、5月24日より、編集工学研究所所長:松岡正剛氏の書籍紹介サイト「千夜千冊」のカウントダウンプロモーションを、楽天広場(※2)内に設置した「千夜千冊@楽天」にて開始いたしました。
□■ 「千夜千冊」とは ■□
<URL> http://www.isis.ne.jp/
 「千夜千冊」では、編集工学研究所所長の松岡正剛氏が、1日1冊ずつ、古今東西・諸学諸芸の本をめぐるエッセーを書き下ろします。「千夜千冊」の魅力は、千冊の本を連夜書き続けるというその偉業にあるだけでなく、その1冊1冊にこめられた松岡氏の多様な編集手法と、膨大な知のリンクにあります。2000年2月23日のサイト開始後4年間続き、そして2004年7月7日、ついに千冊に到達する予定です。
□■ 「千夜千冊@楽天」概要 ■□
<URL> http://plaza.rakuten.co.jp/isissenya/
<更新日> 毎週 月曜・水曜・金曜
 「千夜千冊@楽天」では、前代未聞の千冊達成までの最後の20冊を「千夜千冊カウントダウン20」と称し、松岡正剛氏の書きたての原稿を「楽天広場」の日記/Blogサービスにて同時進行で公開します。ブログ形式なのでユーザは誰でも簡単にコメントを書き込んだり、トラックバック(※3)を送ることができます。なお、取上げられた書籍20冊は、「楽天ブックス」にて購入することが可能です。(在庫のある商品に限る)

 今回の連動プロモーションにより、「楽天ブックス」では、「千夜千冊」に取上げられた本のみならず、その本にまつわる人物(970夜現在、のべ約2万人)や関連書籍(970夜現在、約1万5千冊)に広がる多様な情報から、ユーザの興味関心をひろげ、書籍の売り上げ拡大を目指します。さらに「楽天広場」を中心に、本を囲むコミュニティ形成の端緒と位置づけ、「編集工学研究所・ISIS立紙篇」ユーザと楽天広場ユーザの相互交流を図ってまいります。
 また、「編集工学研究所」は、「千夜千冊」のラストを盛大に盛り上げるとともに、本がもっている「情報」と「インターフェース性」が、様々な物販やサービスに結びつく新しい経済文化モデルづくりを提案し、その実験的取り組みを目的としています。
※1 楽天ブックス
(URL: http://books.rakuten.co.jp/
 「楽天市場」内の総合オンライン書店。日本最大級の在庫数を誇り、検索対象商品数160万点、取扱い商品数60万点。本体価格合計1,500円以上の購入で国内配送料が無料に。アフィリエイト展開の他、プロバイダやポータルサイトなどへの支店展開も拡大中。
※2 楽天広場
(URL: http://plaza.rakuten.co.jp/
 無料でホームページを作成し、公開できる日記/Blogサービス。ページ作成のほか、日記、掲示板、プロフィール、リンク集、メールフォームなどの機能が簡単に利用できる。既に約20万人が開設登録を行い、月間ユニーク閲覧者数も600万人(2004年4月末現在)を突破し、日本最大級の日記/Blogサービスとして、さらに成長を続けている。
※3 トラックバック機能
 参照をしたサイトから、自身のサイトの記事へリンクを貼ることができる機能。サイト同士を相互リンクすることで、相手に対して“関連した日記・記事”を知らせることができる。逆に自身の記事に興味を示した人からトラックバックを受ける事も可能。(トラックバックは「楽天広場」内の記事だけでなく、他のサイトの記事とも関連させることもできる。)
このページの先頭へ